内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

マクニカとSmart Eye、眠気などの初期兆候をリアルタイムで検出するAI搭載のドライバーモニタリングシステムを販売開始

昨今、「交通事故ゼロ社会」実現に向けての取り組みが盛んになってきている。国土交通省では、交通安全基本計画において「1.世界一安全な道路交通の実現を目指し、令和7年までに24時間死者数を2,000人以下とする。2.令和7年までに重傷者数を22,000人以下にする。」という目標を掲げており、「交通事故ゼロ社会」の取り組みは加速していくと考えられる。

また、交通事故が起きる原因の上位に「脇見運転」「漫然運転」があり、高速道路での交通事故が起きる原因の第1位は「前方不注意」と言われている。その中で、国土交通省は「ドライバーの居眠りや脇見を検知するドライバーモニタリングシステム」のガイドラインも策定している。

株式会社マクニカは、Smart Eye AB.(以下、Smart Eye)が開発した、車両へのアフターマーケット向けドライバーモニタリングシステム「AIS」(Applied AI System)の日本における代理店契約を締結し、販売を開始すると発表した。

AISは、AIベースのモニタリングソフトウェアを搭載した車内カメラで、ドライバーの視線、頭部動き、表情、疲労、注意力などの微妙な変化を分析し、眠気やあくびを検知したときに音声にて通知するほか、視線追跡が道路に集中していないことを検知すると、注意散漫を音声にて警告する。フェイスマスクやサングラスを着用している人など、あらゆる種類の顔を認識することができる。また、データのプライバシーを確保するために、ドライバーのビデオを録画、および保存されない。

さらに、動的セルフキャリブレーションにより、5分以内にインストールでき、既存のトラック、バス、自動車にも簡単にインストールすることができる。
マクニカとSmart Eye、眠気などの初期兆候をリアルタイムで検出するAI搭載のドライバーモニタリングシステムを販売開始
AISを活用することにより、眠気や注意散漫の初期兆候をリアルタイムで検出することで、迅速にドライバーに通知し、安全運転を促し、危険な状況を未然に防ぐ。なお、同システムに使用しているソフトウェアの出荷実績は、現在国内外で100万台を超えているとのこと。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録