内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

国土交通省は、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で順次、実証実験を行う計画だ(詳細はこちら)。

今回、栃木県栃木市の「にしかた」に次ぐ全国で2番目の実証実験(西日本では初めて)を、道の駅「芦北でこぽん」(熊本県芦北町)で9月30日か~10月7日の日程で実施する。

なお、今回の実験ではヤマハ発動機(株)が開発した7人乗りカートタイプ(小型自動車登録)の車両を用いる。国交省によると、同タイプの車両としては全国初の公道での自動運転走行になるという。

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

道の駅「芦北でこぽん」における主な検証項目は以下のとおりである。

国交省の自動運転サービス実証実験、2回目は熊本県の道の駅「芦北でこぽん」で実施

【関連リンク】
国土交通省(MLIT)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録