内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ、施設管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームを提供開始

工場や倉庫・配送会社、さらには社会インフラシステムのように、多くの設備資産を使って事業を展開している企業にとって、設備資産の効率的な活用と故障による業務影響の最小化は重要なテーマである。また、使用電力の最適化やCO2排出量の削減など環境に配慮したエネルギーマネジメントも、SDGsの観点で重要視されるようになってきた。

これらを実現するためには、現場や設備機器のセンサーなどから得られる構造化データと、ログやカメラから得られる非構造化データの両方を活用することが求められる。たとえば、設備の故障予兆の検知においては、設備に付けたセンサーデータと、設備から出力されるログデータやカメラによる画像データを合わせて分析することで、精度を高めることができる。
DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ、施設管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームを提供開始
株式会社DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ株式会社は、施設管理のデータ活用を促進するデータ分析プラットフォームの提供を開始した。

同プラットフォームは、東芝デジタルソリューションズが持つ構造化データのリアルタイム分析が可能なクラウドデータプラットフォーム「GridDB Cloud」と、社内外のさまざまなデータの集約や非構造化データの構造化に強みがあるDATAFLUCTのノーコードクラウドデータプラットフォーム「AirLake」を連携させることで実現した。

従来は別々に用意していた構造化データ用のデータプラットフォームと、非構造化データ用のデータプラットフォームを融合させることで、より複雑なデータ分析が可能になり、電力使用量の可視化やコントロール・削減を通じたエネルギーマネジメントのほか、制御装置の挙動のリアルタイムでの収集・可視化などによる故障予兆検知の精度向上に貢献する。

IoTにおいては、データ収集、データ蓄積・加工、分析のステップを踏むが、同プラットフォームはデータ蓄積・加工を担うものである。データ収集はサードパーティーとの連携を推進し、分析は東芝デジタルソリューションズとDATAFLUCTが持つAI技術を活用する。

また、同プラットフォームの提供開始に伴い、ユースケースを中心にまとめたホワイトペーパー「施設管理におけるエネルギーマネジメント・故障予兆検知を実現するデータ活用アプローチ」を作成した。同ソリューションの技術的な説明と、商業施設のデータ活用にどのような効果を与えるかについて紹介されている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録