内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

PTC、リコーの国内外の拠点に「ThingWorx」を導入し複数の基幹システムの情報を統合

リコーグループでは、これまでに国内、国外の拠点において、PTCジャパン株式会社(以下、PTC)のPLMである「Windchill」を技術情報基盤として活用しており、ものづくりに関わる9,500人以上のユーザが3DCADデータや部品表、技術ドキュメントなどの技術情報を、リアルタイムに閲覧、共有、生成できるように管理している。

そうした中、PTCは、株式会社リコーの国内外の拠点に、PTCのIoTプラットフォームである「ThingWorx」を導入することを発表した。

「Windchill」との接続性が高い「ThingWorx」を活用することで、複数の基幹システムの情報を統合させ、「Windchill」で一元管理されたデータと紐づけて閲覧できるようになる。

統合されたデータは、それぞれの現場での業務要件やニーズに適したフォーマットに置き換えられるため、様々なシステムユーザにとって、情報把握や伝達が行える環境を整えることができる。

例えば、「Windchill」に格納されている部品表の情報と、資材、仕入先に関わる情報を、「ThingWorx」により、部品に紐づいた一連の情報として業務活用できるようになる。

さらに、ユーザが必要な様々な業務観点からの過去、現在、予測情報を表示し、分析・活用業務の容易化に役立てる。

PTCは、リコーにおいて2023年度から「ThingWorx」のクラウド上での利用を順次展開する。

そして2024年度には生産現場とも連携を図り、ユーザの業務効率や生産性の向上を目指すとしている。

また、PTCは、今回のシステム導入における効果や評価結果を、PTCの製品開発の参考にするなど、DX推進に向けた両社の協力関係をさらに強化させていく予定だ。

今後リコーは「ThingWorx」を活用し、すでに導入済の製品ライフサイクル管理製品(PLM)である「Windchill」で一元管理されていた3Dデータや各種設計データを、各業務領域のニーズに適したデータ形式に加工して提供することにより、生産性の向上につなげていくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録