内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

凸版印刷、製造DXソリューション「NAVINECT」に循環資材の管理・運用を支援する「循環資材管理DX」を追加

凸版印刷株式会社は、製造DX支援ソリューション「NAVINECT(ナビネクト)」を、2019年4月より販売している。

そして本日、製造現場に合わせて複数のサービスを組み合わせて導入できるテンプレート型ソリューション「NAVINECTラインビルド」シリーズの新製品として、製造現場の荷役台として使用されるパレットやオリコン(折りたたみコンテナ)などの循環資材の管理・運用支援に特化した「循環資材管理DX」の販売を、2023年10月より開始することを発表した。

「循環資材管理DX」では、資材毎に2次元コードやバーコードのラベルを発行し、スマートフォンやタブレットなどの操作端末に予め登録して運用する。

これらの情報をもとに、保有数、所在情報、経過時間をデジタル上で可視化し、循環資材のライフサイクルに合わせた管理を行う。

自社の各拠点だけでなく、得意先などの社外にある循環資材の数量・経過日数を一元管理することが可能だ。

凸版印刷、製造DXソリューション「NAVINECT」に循環資材の管理・運用を支援する「循環資材管理DX」を追加
「NAVINECT ラインビルド 循環資材管理DX」の概要

また、スマートフォンやタブレットに移動先の周辺地図を表示することができ、所在に近い拠点をすぐに把握することができる。

さらに、機能を拡張することで、原材料や製品、部品、工具などの管理も可能だ。

価格は初期費用が別で、月額利用料が税抜き7万円からとなっている。

今後「NAVINECTラインビルド」シリーズでは、製造現場の用途に対応した製品の開発を進め、複数を組み合わせて利用できる「NAVINECT」の利便性を追求したソリューションの提供を図っていくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録