内田洋行ITフェア2023

FRONTEO、創薬のプロセスイノベーションとなる新規AIシステム「liGALILEO」によるAI創薬ビジネスを開始

新薬の開発には、大きく分けて、新薬の候補を探すターゲット探索、動物を用いて検証する非臨床試験、実際に人に投与して有効性と安全性を最終的に検証する臨床試験の3つのプロセスがある。しかし、開発初期の段階で有望と見られた候補化合物のうち、実際に医薬品として製品化に至るのはわずか2万~3万分の1であり、これに加え10~15年の開発期間と約1000億円の開発費用を要することが、長年にわたり医薬品開発の大きな課題とされてきた。

さらに近年は、医学薬学研究や情報化の進展により発表される論文数が飛躍的に増加し、累計3000万報以上にも上っている。直近1年間だけでも新たに100万報以上の論文が追加されるなど、その数は増大を続けており、もはや人による解読・分析には限界がきているのが現状だ。

株式会社FRONTEOは、従来の創薬プロセスを変える新規AI創薬システム「liGALILEO」によるドラッグマイニング事業(※)を開始する。

liGALILEOは、自然言語解析AIエンジン「Concept Encoder」を用いて、膨大な論文情報や医学薬学データをベースに、ターゲット分子のポテンシャルを網羅的・効率的に分析する。さらに、ターゲット選定の際に必要不可欠とされる科学性評価や市場性評価等の多岐にわたる複雑な評価指標をAIによりスコアリングする。

創薬プロセスの効率化や高速化を実現することに加え、今後更なる増大が予測される情報に対する網羅的かつノンバイアスな評価の実施、評価プロセスの可視化、ドラッグリポジショニングモデルの構築などにより、従来の創薬プロセスの成功率の向上が期待できる。

※ ドラッグマイニング事業:FRONTEOにおける、独自開発AIを用いて新薬創出・ドラッグリパーパシング・ドラッグリポジショニングの大幅な効率化を支援する事業。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録