内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

マザーラボとドーナッツ ロボティクス、バイタルデータを元にchat GPTで高齢者と会話するロボットの共同開発へ

株式会社MEDIROM MOTHER Labs(以下、マザーラボ)とドーナッツ ロボティクス株式会社と「事業提携に関する基本合意書」を締結したことを発表した。

ドーナッツロボティクスは、見守りロボット「cinnamon」を開発し、chat GPTを⾼齢者向けにチューニングして搭載する事を目指している。

「cinnamon」は、羽田空港ロボットプロジェクトに採択されており、羽田空港では主に外国人の接客実験を実施した。

両社は、今回の事業提携により、マザーラボが開発するスマートトラッカー「MOTHER Bracelet」(以下、MOTHER)と、ドーナッツロボティクスが開発する見守りロボット「cinnamon(シナモン)」を連携させ、バイタルデータを元にAIが高齢者と会話できることを目指す。

マザーラボとドーナッツ ロボティクス、バイタルデータを元にchat GPTで高齢者と会話するロボットの共同開発へ
「MOTHER」と「cinnamon」を連携させたイメージ図

「MOTHER」が取得したバイタルデータを、高齢者向けにチューニングされたchat GPTと連携させることで、異常を検知した際の本人に対する声がけやバイタルデータに応じた会話などの提供ができることが予測されている。

例えば、「MOTHER」が計測したバイタルデータの異常を元に、見守りロボットが利用者へ問いかけを行い、応答がない場合は離れて暮らす家族にSMSで通知をする。

通知を受けた家族は、「cinnamon」に搭載されているカメラにより、遠方でも状況を確認することが可能となる。

また、「MOTHER」の「転倒検知 機能」で高齢者の転倒を検知した場合、即通報できるよう開発も進めていくとしている。

短期的には、「MOTHER」で計測したバイタルデータを自動で取得する「MOTHER Gateway」をドーナッツロボティクスが開発する見守りロボット「cinnamon」へ搭載し、利用者のバイタルデータを自動で取得できる状態を目指す。

「MOTHER」が計測したバイタルデータは、Bluetooth接続を通して「cinnamon」が取得し、ダッシュボードで本人または家族の閲覧が可能な環境を目指すのだという。

マザーラボとドーナッツ ロボティクス、バイタルデータを元にchat GPTで高齢者と会話するロボットの共同開発へ
「MOTHER」と「cinnamon」を連携させた際のシステム構成図

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録