内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

TOPPANホールディングスと富士通が協業し、医療ビッグデータ事業の拡大へ

TOPPANホールディングス株式会社と富士通株式会社は、医療ビッグデータ事業を共同で推進するために、2023年10月18日に業務提携契約を締結した。

今回の提携により、匿名加工された電子カルテデータベースに、TOPPANホールディングスが保有する分析技術と、富士通が保有するデータクレンジング技術を組み合わせ、より高精度な医療ビッグデータの分析と、研究開発や診療を支援するサービスの提供を推進する。

TOPPANホールディングスは、一般財団法人日本医師会医療情報管理機構(以下、J-MIMO)によって匿名加工された電子カルテデータを、医療情報分析・提供サービス「DATuM IDEA(デイタム イデア)」に導入する。

その際、富士通のデータクレンジングプラットフォームを経由することで、病院ごとに異なるデータ形式の診療データを構造化する。

富士通は、匿名加工された電子カルテデータを活用した、製薬企業、医療機関向けのSaaS型分析サービスの開発を進める。

医薬品開発プロセスの効率化や、医療の質向上への寄与を目指して、診療データ可視化やアドホック分析などのサービス開発のほか、予測や予兆などの医療AIモデルの研究開発での活用も推進する。

また両社は、医療機関およびJ-MIMOと連携し、電子カルテに格納される医療情報に加えて、退院時のサマリー、看護記録、手術記録など、これまで利活用されていなかったデータ項目を収集し、分析に活用する項目および電子カルテデータの量を増やすとしている。

今後は、匿名加工された電子カルテデータをはじめとする医療・健康データの利活用を、共同で進めていく予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録