内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NTTとダンディライアン、フォーミュラカードライバーの極めて再現性の高い瞬目パターンを発見

NTTコミュニケーション科学基礎研究所では、心身をコントロールする脳のメカニズムを深く理解するための研究を推進しており、トップアスリートが試合で発揮する卓越した技とメンタルは、格好の研究対象となる。しかし、その背後にある脳の働きは、アスリート自身がほとんど自覚できないため、それを捉えるには、パフォーマンスを実環境で多面的に観測し、科学的な分析を重ねる必要がある。

そこで、日本電信電話株式会社(以下、NTT)と有限会社ダンディライアンは、ダンディライアンが運営するレーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」の協力のもと、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦する3名のトップドライバーを対象に、フォーミュラカーでサーキットを実走行中の心身の状態を多面的に観測し、その高度なドライビングスキルの背後にある無自覚的な脳機能の一端に迫る研究を実施した。

これまで、人が自動車を運転する時にどこを見ているかについては数多く研究されているが、瞬目(まばたき)の存在は、考慮されないか、ランダムに発生していると考えられてきた。この無自覚的な瞬目は1分間に約20回発生し、1回につき約0.2秒の視覚情報を喪失するといわれている。

つまり、視線を適切にコントロールしても、瞬目のタイミングが適切でないと運転に大きな影響を与えることが考えられる。特に、ラップタイムの0.1秒の差を争うフォーミュラカードライバー達には、この影響は甚大である。

このほど、NTTとダンディライアンは、サーキットを高速周回中のレーサーの瞬目が極めて再現性高くコース上の特定位置で生じることを発見した。そしてこの瞬目パターンの背後にドライバーの生理学的要因と運転行動に伴う認知状態変化が関与していることを明らかにした。

今回、フォーミュラカーでサーキットを実走行中のドライバーの瞬目を、車両の挙動と同時に計測した。その結果、ドライバーはコース上の特定の位置付近で集中的に瞬目し、周回を重ねてもその位置の再現性が非常に高いことを発見した。

NTTとダンディライアン、フォーミュラカードライバーの極めて再現性の高い瞬目パターンを発見
フォーミュラカー実走行中の瞬目パターン
さらに、この瞬目のパターンが、①ドライバーの瞬目頻度、②ドライバーのラップタイムの速さ、③車両の前後左右の加速度、と強く関連することが明らかになった。ドライバー毎に瞬目頻度が大きく異なるにも関わらず、コース上の瞬目位置はドライバー間で類似しており、車両加速度が小さい時に偏っていた。

逆に、車両が大きく減速、または横方向に加速しているときには瞬目が強く抑制されていた。たとえば、時速300km近い速度から急減速してコーナーに侵入していくフェーズで瞬目が止まり、コーナーを抜けて次のセクションに向かうところで集中的に瞬目が発生することを示している。つまり、コーナーリング時の急峻な認知状態の変化が瞬目の抑制/発生に反映されていることが示唆される。さらに、ラップタイムが早い時ほど瞬目パターンは明確であり、ドライバーの運転への集中度が瞬目パターンに反映されていることも示唆される。

NTTとダンディライアン、フォーミュラカードライバーの極めて再現性の高い瞬目パターンを発見
運転中の瞬目パターンを決める3つの要因
車の挙動とドライバーの眼の動きの同時観測を実現することで、時速300km近いフォーミュラカーの運転中という過酷な環境下でも、瞬目パターンを通してヒトの認知・心理状態変化を捉えることが可能であることを示した。

また、従来から眼球運動、特に視線行動や瞳孔径の変化を通して、人の注意状態や心理状態を読み取る試みはあるが、屋外環境や自然行動中にこれらの指標は計測自体が非常に困難な側面があった。これらと比較して瞬目は明瞭な動作であり、激しい振動や大きな照明環境変化のあるフォーミュラカー運転中に撮影された目の映像からも検出可能であることも示された。

そして、自然行動中の瞬目パターンがヒトの認知状態変化を読み取るための重要な生体指標になることを示しており、ヒトのデジタルツイン構築に向けた個人の内面のデジタル表現や高度なスキルの伝承などに貢献する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録