内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

IDC、クラウドサービス事業者が提供するIoTプラットフォームを利用する企業は今後も増加すると予測

企業:

IDC Japan株式会社は、国内IoTプラットフォームに関する調査結果を発表した。

同調査では、IoTプラットフォームを提供する事業者を、構成要素やソリューションの提供形態、注力領域の違いによって分類している。

まず、IoT向けの通信サービスを提供する事業者を「包括的なIoTプラットフォームを提供する通信事業者」と「IoTネットワークサービスを提供する新興企業」に分類した。その他の事業者を「ビルディングブロックを提供するクラウドサービス事業者」、「ビジネスコンサルティングを提供する大手SIer(システムインテグレーター)」、「多様な機器への接続性などを強みとする新興企業」に分類し、合計で5つの分類を設けている。

こうした分類を基に、2022年8月に行った「IoT担当者調査」の結果を併せてIoTプラットフォームの利用状況を分析したところ「ビルディングブロックを提供するクラウドサービス事業者」と「多様な機器への接続性などを強みとする新興企業」が提供するIoTプラットフォームの利用率が高まっていることが判明した。

クラウドサービスはIoTの用途に限らず利用企業が多く、また利用方法についてのスキルを持つエンジニアも多いため、クラウドサービス事業者が提供するIoTプラットフォームを利用する企業は、今後も増加するとIDCではみている。

また、IoTプラットフォームを提供するベンダーに対して実施した調査からは、この1、2年で増加したユースケースとして、画像を活用する用途があることが分かった。さらに、IoTプラットフォームにおいて成長性や潜在需要が大きいユースケースには、物流分野の用途、IoT衛星通信やGenerative AI(生成系AI)などの新技術を活用する用途があるとIDCではみている。

IDC Japan Infrastructure & Devicesのリサーチマネージャーである山下頼行氏は「提供するIoTプラットフォームの構成要素と、ソリューションの提供形態や注力領域の違いによって、IoTプラットフォームの提供事業者を分類できる。競争の中心となっているのはクラウドサービス事業者であり、それ以外のIoTプラットフォーム提供事業者はクラウドサービス事業者との差異化を基礎に戦略を組み立てるべきである」と述べている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録