内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ウェザーニューズ、小売・飲食事業者向けに「来店客予測データ」を提供開始

スーパーマーケットやアパレルなどの小売店や飲食店の需要は、天気の影響を大きく受け、食品ロスやスタッフの過不足などの原因となっている。

そこで株式会社ウェザーニューズは、同社が提供する気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」において、小売や飲食事業者向けに1kmメッシュの天気予報を用いた「来店客予測データ」の提供を開始したことを発表した。

今回発表された「来店客予測データ」は、ウェザーニューズが開発した、1kmメッシュの天気予報データ・店舗の来店客数・カレンダー情報の3つの過去データを機械学習させた「AI来店客予測モデル」に、最新の1kmメッシュの天気予報を取り込むことで、2週間先までの来店客予測データを提供するというものだ。

日々の天気による来店客の変動だけでなく、台風接近や大雪など荒天時の買い控えも考慮する。

なお、「来店客予測データ」はクラウド経由で提供されるため、企業の既存システムとの連携が容易だ。緯度経度や時間を指定しておくことで、必要なタイミングにデータを自動取得することができる。また、店舗ごとのピンポイントな情報を入手することも可能だ。

これにより企業は、発注やシフト調整の業務時間を削減できるほか、自動発注に導入される場合は精度向上に伴うチャンスロスや見切・廃棄ロスの削減も期待される。

なお、首都圏で食品スーパーを運営する株式会社マルエツは、「来店客予測データ」を全305店舗に先行導入し、段階的に発注システムやレジシフト管理システムと連携させている。

予測客数を全店舗に配信し、店舗での客数予測や入力作業を原則不要にすることで、自動発注数の精度向上やレジシフトの最適化など、店舗業務の効率化を実現し、月間の客数予測の精度は95%以上を維持しているのだという。

ウェザーニューズ、小売・飲食事業者向けに「来店客予測データ」を提供開始
マルエツが「来店客予測データ」を導入した際の概要図

今後マルエツは、この「来店客予測データ」をさらに他のシステムとも連携させ、店舗オペレーションのさらなる効率化や、より効果的なデジタル変革として販促施策の取り組みにもつなげていく予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録