セーフィーとベルク、エッジAIカメラ「Safie One」を活用した小売店での需要予測を開始

昨今、小売業を取り巻く環境は、人手不足のほか物価高騰による食材原価の増大など、厳しい環境におかれている。その中でスーパーマーケットは、食品カテゴリーの取り扱いを契機とした他業態との競争激化を受け、生産性の向上、需要予測に基づくロス改善、生活者への体験価値向上など様々な課題が存在している。

これまで株式会社ベルクでは、セーフィー株式会社のエッジAIカメラ「Safie One」を各店舗に設置、売り場での陳列・売れ行きの確認などで映像を活用し、売り上げ拡大や業務改善に取り組んできた。

一方、小売業の商品棚割(商品陳列の配置決め)については、計画は本部が作成するものの、各店舗で調整を行うため、現場の経験と勘に基づく運営が恒常化していた。そのため、店長やベテラン売り場スタッフが変わる度に業績変動が起き、現場の「不」として認識されていた。

このほどセーフィーは、Safie Oneにおいて、小売業が商品陳列を検討する際、最も収益が上がる商品構成の示唆を目的とした「商品格付けソリューション」を開発提供すると発表した。今回の開発にあたり、ベルクが運営する「ベルクデジタルラボ」の協力のもと、各店舗内のお弁当売り場やプレミアムゾーン(入口企画/特別販売コーナー)、精肉売り場などで検証を行った。

Safie Oneは、エッジAIを利用したアプリケーション群「AI-App」をインストールして使用する。AI-Appは、一台のカメラに複数のアプリケーションをインストールでき、用途に応じてカメラのアプリケーションを切り替えると様々な機能が使える。AI-Appのオプション機能「Store People Detection Pack」では、人検知によりマーケティング向けの3つの機能「立ち入り検知」「通過人数カウント」「立ち入りカウント」を提供している。店内にいる人の滞留などを可視化し、店舗状況の詳細な把握や分析が可能となる。

今回開発した同ソリューションは、予め本部が指定した基準と現場データを組み合わせ、誰もが「同じ判断軸」で商品陳列の調整を行えるようにダッシュボードを提供し、収益の最大化と業務負担軽減を併せて実現するものである。

各売り場の販売データ(POSデータ)と、一定時間の売り場滞留を検知するSafie Oneの「立ち入り検知」のデータを活用する。具体的には、各販売計画をもとに、その売り場で最重視する項目(売上、数量販売、商品の魅力度、販売利益、環境配慮[廃棄率低減])を選択後、各項目の評点と配賦割合(売上金額、販売数量、定価販売、定価販売率、滞留人数、荒利率、廃棄率)によるランキングが表示される。ランキングと併記される売上高、粗利率をもとに各売り場の状況(販売や製造)も併せ、販売戦略をシミュレーションする。

セーフィーとベルク、エッジAIカメラ「Safie One」を活用した小売店での需要予測を開始
参考画像/ダッシュボードイメージ
このシミュレーションにより、小売業での課題となっている本部の販売施策と店舗側の販売状況を客観的な数値のもと、リアルタイムに適切な判断が可能となる。その結果、本部・店舗間が同じ視点で販売戦略を瞬時に計画が一元化され、小売業の生産性の向上とともに、生活者が求める商品の適時提供による顧客体験の向上にも寄与する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録