内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

ラピュタロボティクス、日本ロジテムに「ラピュタPA-AMR」を導入し従来比約2倍のECピッキング処理が可能に

日本ロジテム株式会社は、新型コロナウイルスによる消費行動の変容や逼迫する物流需要、労働人口の減少による人員不足などへの対策として、自動化ソリューションを活用した省人化・省力化を模索していた。

しかし、高額で大規模な自動化ソリューションは、3PL事業として費用回収のリスクが高く導入することが難しい状況であったのだという。

そうした中、ラピュタロボティクス株式会社は、日本ロジテムの横浜第一営業所に、自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」を納入し、ECピッキング処理が従来比で約2倍になり、生産性が向上したことを発表した。

「ラピュタPA-AMR」は、作業スタッフと協働でピッキングを行い、荷物の搬送の代行とピッキングルートの最適化を図ることで、生産性向上とピッキングスタッフの歩行時間削減を可能とするロボティクスソリューションだ。

導入においては、事前に導入後のオペレーションフローについて検証を行い、スムーズな導入に至った点について日本ロジテムから評価されたという。

また、今回「ラピュタPA-AMR」を導入した倉庫では、すでにラピュタロボティクスで連携実績のある、ロジザード株式会社のクラウド倉庫管理システム「ロジザードZERO」を活用していたことから、コスト及び時間を抑えてを導入することができた。

今後も、継続的な機能強化により、さらなる生産性の向上を目指すとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録