内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

アイリスオーヤマ、自社工場で製造した法人向けDX清掃ロボット「BROIT」を発売

アイリスオーヤマ株式会社は、DX清掃ロボット「BROIT(ブロイト)」を、2024年半ばに発売予定であることを発表した。

「BROIT」は、セラミックタイルやビニル床などの水拭き清掃および、乾いた床の除塵清掃ができる自律走行型ロボットだ。

本体直下に水を放出して、ほこりや塵、食べかす、液体汚れをブラシで掻き出し、本体後方で汚水も吸い取ることで、「BROIT」が通過したエリアを水拭き清掃することができる。

アイリスオーヤマ、自社工場で製造した法人向けDX清掃ロボット「BROIT」を発売
「BROIT」で清掃可能な床材質と汚れの種類

ルート作成は、ハンドルを立上げ、スタート位置で二次元コードを読み込み、本体を押してティーチングを開始する、という3ステップで完了させることができる。走行させる際も、学習させたマップを選択して、二次元コードを読み込み、ハンドルを下げる3ステップだ。

アイリスオーヤマ、自社工場で製造した法人向けDX清掃ロボット「BROIT」を発売
ルート作成とルート走行の概要図

本体は、給排水タンクをタンクごと取り外せる仕様にしているほか、ブラシやホッパー、スキージーなど、日々のお手入れが必要な各パーツを脱着して水洗いすることができる仕様となっている。

アイリスオーヤマ、自社工場で製造した法人向けDX清掃ロボット「BROIT」を発売
左: 給排水タンク 右:パーツを取り外している様子

さらに、着脱交換ができるリチウムイオンバッテリー1本を標準搭載している。2本目以降はオプションで追加することが可能だ。

なお、「BROIT」は、中国・遼寧省にあるアイリスオーヤマの大連工場で製造されているため、仕様改修や品質改善、コスト調整のほか、メンテナンスなどのアフター・サービス体制の一元化をしている。

今後は、製造体制及びサプライチェーンの基盤を整備し、2025年には自社でサービスロボットの設計・開発から製造・販売までを一貫して行う計画だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録