内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

NTT Com、「倉庫環境監視IoTソリューション」を大和ハウス工業の物流施設にて運用開始

大和ハウス工業株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、大和ハウス工業が開発したマルチテナント型物流施設「DPL新富士Ⅱ」において、熱中症、インフルエンザの発生リスクを見える化するNTT Comの「倉庫環境監視IoTソリューション」を、2021年8月23日より運用開始する。

「倉庫環境監視IoTソリューション」は、施設内の温度や湿度など環境データを測定するセンサーと、NTT Comが提供するIoTプラットフォーム「Things Cloud」を活用し、熱中症やインフルエンザの発生リスクをリアルタイムに見える化する。

リスクの段階に応じて、テナント企業・管理者にアラートメールが送付され、施設内の温度コントロールや換気を行うことで、熱中症やインフルエンザの発生リスクを未然に低減する。

NTT Com、「倉庫環境監視IoTソリューション」を大和ハウス工業の物流施設にて運用開始
「倉庫環境監視IoTソリューション」の概要図。

「倉庫環境監視IoTソリューション」で使用するセンサーは、無線通信機能を備えており、一定照度以上であれば光を動力に駆動するため電池交換が不要のため、容易な導入が可能だ。

ユースケースとしては、暑さ指数を算出し、5段階でモニター表示することでの熱中症予防や、環境データを測定し、インフルエンザ流行リスク指数の算出といったことが想定されている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録