内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

YKK AP、物流DX・ロボティクス化を推進する「首都圏DC」を開設

YKK AP株式会社は、首都圏エリアに向けた住宅用商品の供給体制を強化するため、配送拠点「ESR加須ディストリビューションセンター2」内に、物流DX・ロボティクス化を推進する物流拠点「首都圏DC(Distribution Center)」を開設し、2023年10月2日から稼働する。

「首都圏DC」では、構内作業に棚搬送型ロボットを導入し、作業者のいる場所へロボットが在庫保管棚を運んでくるGTP(Goods To Person)システムを運用する。これにより、定位置にいながら、ピッキングと100トラック方面の仕分けを一度に実施することができる。

YKK AP、物流DX・ロボティクス化を推進する「首都圏DC」を開設
左:GTPエリア全景 右:仕分け作業の様子

また、トラックドライバーの夜間・長距離輸送の回数を削減する。YKK APはこれまで、1都7県の首都圏エリアへの供給は、全国各地の製造拠点や物流拠点から商品を輸送していたが、在庫保管し受注に応じて出荷する保管型物流拠点「首都圏DC」を首都圏エリア内に開設することで、夜間・長距離輸送の回数を削減する。

そして、アイテム別や納期別など、細分化した需要予測に基づき適正在庫を管理し、リードタイムを確保する。これにより、リードタイム別に適切な輸送方法を選択し、輸送距離700km以上は輸送方法をトラックから鉄道や船舶に転換するモーダルシフトを推進する。

YKK APは、「首都圏DC」開設により、各物流拠点の在庫バランスの適正化を図り、モーダルシフトによる2025年度のCO2排出量30%削減(2022年度比)を目指すとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録