内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

イートアンドフーズ、システム・オペレーションを自動化した新たな物流拠点を建設

株式会社イートアンドフーズは、群馬県邑楽郡板倉町にある関東工場の隣接地において、物流の新たな拠点「関東ロジスティクスベース(KLB)」を建設し、2024年7月に稼働予定であることを発表した。

「関東ロジスティクスベース」では、隣接する工場で生産されたイートアンドフーズの主力商品である「大阪王将 羽根つき餃子」をはじめとする製品の商品名、賞味期限、ロットなどの情報を、QRコードで管理・識別し、システム、オペレーションを自動化し保管する。

イートアンドフーズ、システム・オペレーションを自動化した新たな物流拠点を建設
「関東ロジスティクスベース」のイメージ

また、AIやIoT、ロボットといった技術を積極的に導入し、高品質と安全性の追求、および低コスト運営の両立を図るとしている。

他にも、自然冷媒による冷凍庫棟を導入し、冷凍流通の拡大を目指す。あわせて、大型物流施設が完成することで計画生産を進め、工場での廃棄ロスや機会ロスの削減にもつなげていく計画だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録