内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

LocationMind、準天頂衛星みちびきを利用したCO₂排出量モニタリングの実証実験に着手

企業:

LocationMind株式会社は、内閣府が主催する「2023年度 みちびきを利用した実証事業公募」に、みちびきの高精度位置情報と信号認証技術を利用したCO₂排出量モニタリング支援ソリューションの提案が採択され、実証実験に着手することを発表した。

みちびきは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムで、日本版GPSとも呼ばれている。

サブメータ級測位補強サービスやセンチメータ級測位補強サービスなど、高精度かつ安定した衛星測位サービスなのが特徴だ。

今回採択された「みちびき信号認証サービスを利用した高信頼性のCO₂排出量モニタリング支援ソリューション」では、運輸事業者のトラックに対し、みちびきの信号認証サービスを搭載した車載向けGNSS受信機を装着し、常時走行ログを取得できるシステムを構築する。

また、走行ログと運輸事業者の配送情報を組み合わせることにより、配送ごとのCO₂排出量、荷主毎の按分を計算し、位置情報の証跡と共にアウトプットする。

それと同時に、信号認証の結果を踏まえて、位置情報の証跡の信頼性を保証する。

LocationMind, 準天頂衛星みちびきを利用したCO2排出量モニタリングの実証実験に着手
CO₂排出量モニタリング支援ソリューションの全体イメージ

今後LocationMindでは、みちびきの信号認証対応受信機の開発、およびCO₂モニタリングソリューションについて、2023年7月に要件定義と開発をスタートさせ、2024年2月まで実証実験を行い、運送事業者や受信機メーカとの連携を通じてビジネス化を推進していく予定だ。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録