内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

イメージワン、DeepForest TechnologiesのAI森林解析サービスを提供開始

森林面積は、日本の国土面積の約7割を占めているが、安価な輸入材の影響と、林業従事者の減少、高齢化により管理が行き届かなくなることや、放置林は自然災害に弱く、CO2吸収源としても認められないため、脱炭素社会の実現への妨げにもなっている。

こうした中、株式会社イメージワンは、DeepForest Technologiesが開発した、ドローンデータから森林情報を解析するソフトウェア「DF Scanner」および「DF LAT」の販売を開始した。

「DF Scanner」は、ドローンで撮影した写真などから、森林情報を解析するソフトウェアだ。(トップ画)

ドローンで撮影した画像を利用する場合、イメージワンがすでに取り扱っているPix4D製の処理ソフトウェア等を用い、森林解析に必要なデータを生成する。

「DF Scanner」の特徴は、AIを活用した解析機能で、スギ・ヒノキだけでなく、モミやアカマツなどの針葉樹やコナラ・ブナなどの一部広葉樹など、計60種ほどの識別が可能なことだ。

各樹木の検出、樹種識別、樹高、DBH(樹木の胸高直径)、幹材積推定を、各樹木単位で一元的に解析をすることができる。

「DF LAT」は、レーザドローンで取得した三次元点群データから、詳細な地形図や樹冠高データなど、森林解析用のデータ生成を行うソフトウェアだ。

イメージワン、DeepForest TechnologiesのAI森林解析サービスを提供開始
「DF LAT」のイメージ

市販のレーザ搭載ドローンのデータから、樹木の下の地面部分の検出し、おおむね5cm解像度の数値地形データならびに、数値標高データの作成などが可能で、林内の作業道や微地形などを確認することができる。

「DF LAT」で作成した各種データを元に「DF Scanner」で追加解析することで、より正確な樹高や材積量の把握が可能となる。

さらに、計測要件を満たすことにより、Jクレジット創出にも利用可能だ。

今後イメージワンは、林業組合や林業事業者、自治体へ「DF Scanner」および「DF LAT」の販売を行うほか、森林DX構築や、Jクレジット創出に向けた各種サービスの展開を進めていくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録