内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

コスモ石油マーケティング、会津若松市のスマートシティ推進事業にて環境価値の地域循環サービスを開始

コスモ石油マーケティング株式会社は、一般社団法人AiCT コンソーシアムが交付決定を受けた福島県会津若松市の「複数分野のデータ連携による共助型スマートシティ推進事業」において、環境価値の地域循環サービス「会津ゼロカーボン倶楽部」の社会実装を開始した。

「会津ゼロカーボン倶楽部」は、内閣府のデジタル田園都市国家構想交付金事業(デジタル実装タイプTYPE3)に採択された会津若松市の取り組みの一環として、地域の環境価値の可視化・顕在化ト循環を目指し、システム開発を進めてきた。

また、取得する環境データの価値化についても、公的な認証としてコスモ石油マーケティングが申請した「太陽光発電設備の導入によるCO2削減プロジェクト」が、Jクレジット制度へ登録された。

今回構築した環境価値の地域循環サービスプラットフォームは「会津ゼロカーボン倶楽部」の商標で、一般市民への告知を図っていくとしている。

「会津ゼロカーボン倶楽部」では、太陽光発電設備を設置済みの家庭を会員として、現在未活用である環境価値を無償で設置する「HEMSゲートウェイ」により、電力自家消費量を計測し、顕在化したうえでJクレジットへ変換する。

コスモ石油マーケティング、会津若松市のスマートシティ推進事業にて環境価値の地域循環サービスを開始
「会津ゼロカーボン倶楽部」のサービス概要

また、「会津ゼロカーボン倶楽部」開始に伴い、ご当地仕様の電力可視化アプリ「会津ゼロカーボン倶楽部アプリ」を提供する。家庭の使用電力の見える化・使用量の通知機能等により、節電への取り組みも併せて支援する。

さらに、創出されたJクレジットを取りまとめ、市内企業・団体等へ売却し、会員に対し地域通貨「会津コイン」にて還元する。

なお、「会津コイン」は、株式会社みずほ銀行が発行し、TIS株式会社が開発・運用中のウォレットアプリ「会津財布」内のサービスとして利用可能だ。2023年11月より、会津若松市のプレミアムポイント事業に採用される。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録