内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

BCT総研、CO2排出量算定クラウドサービス「ファストカーボン」の提供開始

企業:

株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所(以下、BCT総研)は、会計帳簿のデータをもとにサプライチェーンのCO2排出量を算定するクラウドサービス「ファストカーボン」の提供を開始した。

「ファストカーボン」は、会計ソフト等から出力できるデータから、支出金額を読み込むことで算定できるシステムだ。温室効果ガスの排出量算定に関する国際規格(ISO14064-3)に照らした妥当性について、第三者機関による確認を受けたシステムを採用している。

算定には、自社の会計データをシステムに読み込ませることで実行できる。また、物量データ(使用量・購入量)による算出にも対応している。

BCT総研、CO2排出量算定クラウドサービス「ファストカーボン」の提供開始
会計データによるCO2排出量算定の流れ

会計データを読み込ませることで、Scope1・Scope2(自社での燃料や電力等の使用による排出)に加え、Scope3上流(カテゴリー1~8:自社の製品・サービスを販売するまでの事業活動に関わる他社からの排出)のCO2排出量が算出される。

BCT総研、CO2排出量算定クラウドサービス「ファストカーボン」の提供開始
会計データ(事業活動に伴う支出金額)から、Scope1、Scope2 および Scope3上流(カテゴリー1~8)のCO2排出量を自動算出できる。

「ファストカーボン」によるCO2排出量算定の年間サブスクリプション料金は、月額換算税込1万円未満からとなっている。

プランは、契約期間内何度でもデータを更新しての算定が追加料金なしで可能な「可視化プラン」、サステナビリティ報告書等の対外発信に使えるレポートを提供する「レポートプラン」、中小企業版SBT認定の取得を支援する「SBTプラン」、CO2排出量算定の実務や結果の分析、排出量削減策の検討等を頼める「お任せプラン」が用意されている。

なお、2023年11月14日に、都主催のピッチイベントにて「ファストカーボン」の概要が説明される。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録