内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

パナソニック他、投入から部品ごとの解体まで可能な「廃家電自動解体システム」を開発

国内では、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に沿って、エアコン、テレビ(ブラウン管式及び液晶・プラズマ式)、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機といった、使用済み家電製品のリサイクルが行われている。

一方で、家電リサイクル工場においては、高齢化社会による労働人口の減少や、繁忙期に集中する作業負荷などの課題を抱えており、長期にわたって安定的・継続的に家電リサイクルを行うための、さらなる作業の効率化が求められている。

こうした中、パナソニック株式会社 くらしアプライアンス社は、パナソニック プロダクションエンジニアリング株式会社(以下、PPE)、および平林金属株式会社の協力の下、使用済み家電製品の解体作業を支援する「廃家電自動解体システム」を開発した。

「廃家電自動解体システム」は、PPEおよび平林金属の協力により、今後、回収量の増加が見込まれるエアコン室外機に焦点を当てて開発されたシステムだ。

部品ごとに解体品位を維持したまま、解体工程で最も時間がかかる室外機カバーからコンプレッサー外しまでの工程を自動化する。メーカー、生産年などにより状態が異なるさまざまな室外機に対して、部品ごとに分けて解体することができる。

また、室外機の底板と背面を高強度に保持して固定する独自機構を開発し、これにより、ロボットアームで部品を挟んで解体することが可能となった。

操作が難しいロボットアームの斜め方向の動きも、マニュアル操作できる独自のUI(ユーザーインターフェース)を開発し、引き剥し解体の複雑な動作のパターン化により、解体工程の自動化を実現している。

今後、パナソニックは、「廃家電自動解体システム」の実証評価を進めるとともに、解体対象の使用済み家電製品の拡大も視野に入れながら開発していくとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録