株式会社ニコン、カメラとスマートデバイスをシームレスにつなぐアプリ「SnapBridge」を発表

株式会社ニコンは、米国ネバダ州・ラスベガスで開催される世界最大級の国際家電見本市「2016 インターナショナル CES」において、BLEでニコンのデジタルカメラとスマートデバイスとの常時接続を可能にするアプリ「SnapBridge」を発表した。

「SnapBridge」は、BLEでカメラとiOS、Androidのスマートフォンやタブレットを接続し、ユーザーに数多くの便利なサービスを提供するアプリだという。

「ニコン D500」をはじめとする、2016年以降に発表されるニコンのデジタルカメラのほぼ全機種(「ニコン D5」は除く)が「SnapBridge」に対応する予定とのことだ。

 

●SnapBridgeの主な特長

1. スマートデバイスへの簡単接続
スマートデバイスに「SnapBridge」を一度インストールすれば、「SnapBridge」対応のニコンデジタルカメラとの常時接続が可能。接続設定は初回の 1 度だけで済み、SSID やパスワードを使っての初期設定も不要。1 台のカメラに対し、5 台までスマートデバイスをペアリング設定可能。

2.日時・位置情報を自動同期
スマートデバイスから日時・位置情報を取得し、カメラ側の情報を自動的に更新させることができ、これらの情報は、画像に記録することが可能。海外旅行などの際、手動でこれらの情報を変更する手間が省け、目的地に到着後すぐに撮影を始めることができる。

3.撮影中も写真を自動送信
自動送信の実行タイミングは、撮影中もしくは撮影後の、どちらにも設定可能。
写真はスマートデバイスに、オリジナル JPEG 画像または 2 メガピクセル相当(フル HD 画像相当)の JPEG 画像として送信、保存される。

4.クレジット情報の付加
著作権情報や撮影情報、コメント、ロゴなどから、2 点までを選んで写真に付加できる。

5.スマートデバイスからのリモート撮影
被写体をスマートデバイスの画面でリアルタイムに確認し、リモート撮影することができる。セルフタイマーなどの操作もスマートデバイスから可能で、撮影の自由度が一層高まる。

6.SNS や「NIKON IMAGE SPACE」に簡単アップロード
デジタルカメラで撮影した写真を、「SnapBridge」を使いスマートデバイスに簡単に送信することで、SNS でスムーズに共有可能。
「Nikon ID」に登録すると、2 メガピクセル相当の写真であれば、「SnapBridge」からニコンのフォトストレージサービス「NIKON IMAGE SPACE」に枚数無制限で自動アップロードすることが可能。

 

2016年1月6日時点ではSnapBridgeのダウンロード開始日は未定となっており、後日発表されるという。

 

【関連リンク】
ニコンPRESS RELEASE
2016 International CES

Previous

セメダインの「着るセメダイン」。布のしなやかさを損なわず、布に直接、回路形成とチップ実装できる新たなウェアラブルデバイスを実現。

ニコン米子会社Nikon Inc. ニコン初となる「アクションカメラ」(KeyMission 360)を「2016 インターナショナル CES」に参考出展

Next