ソフトバンクとWCP、5Gを活用したスマートオフィスの実現に向けた実証試験を実施

Wireless City Planning株式会社(以下、WCP)とソフトバンク株式会社は、総務省の「平成30年度 高密度に展開された端末の多数同時接続通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」で、広島県東広島市、シャープ株式会社、株式会社イトーキ、および国立研究開発法人情報通信研究機構と協力して、東広島市役所で第5世代移動通信システム(以下、5G)を活用したスマートオフィスの実現に向けた実証試験を実施した。

同実証試験では、東広島市役所(屋内)で働く人の体調や職場環境の状態を把握するために、心拍や脈拍などの体調情報を計測する圧力センサーを搭載したスマートチェアや、温度や湿度などの職場環境情報を計測する環境センサーを執務室に多数設置した。

そして、5GやBluetooth、無線LANなどのさまざまな通信技術を活用して「5Gヘテロジニアスネットワーク」を構築し、5Gの特長の一つとされる多数同時接続の要素技術「NOMA」および「グラントフリーアクセス」を実装した5G-mMTC(大規模マシンタイプ通信)無線機で各データを収集した。

ソフトバンクとWCP、5Gを活用したスマートオフィスの実現に向けた実証試験を実施
「5Gヘテロジニアスネットワーク」の概要図
また、脈波検出技術を用いたストレスセンサーでのストレスの測定や、8Kディスプレーを使用した会議システムなどを用いた試験も実施した。高密度にセンサーを設置した環境で、働く人の体調情報や職場環境情報のデータをリアルタイムに収集して、体調や職場環境の状態、ストレスの変化など客観的に測定できることを確認した。これにより、各データを解析することで、労働環境の管理・改善に役立てることが期待される。

Previous

セコム、自律走行型巡回監視ロボット「セコムロボットX2」を成田国際空港に導入

東京大学・トヨタ・TRENDE、電動車などの分散型電源を活用した電力の個人間売買システムに関する共同実証実験を開始

Next