KDDIとみんなのタクシー、東京都内のタクシーにおける訪日外国人向け「多言語音声翻訳システム」の実証実験を実施

東京都の訪日外国人観光客は、平成30年度には1,424万人となり、前年比で3.4%増と増加傾向にある。多様な国や地域から訪問する外国人観光客とタクシー乗務員との多言語での円滑なコミュニケーションに対するニーズが高まっている。

そのような中、KDDI株式会社とみんなのタクシー株式会社は、都内タクシー会社5社(株式会社グリーンキャブ、国際自動車株式会社、寿交通株式会社、大和自動車交通株式会社、チェッカーキャブ無線協同組合)と連携して、5社のタクシー車両において、多言語音声翻訳システムを活用して訪日外国人観光客がタクシー内でコミュニケーションを実現するための実証実験を実施することを発表した。

多言語音声翻訳システムは、タクシーの後部座席に設置されたタブレット内臓のマイクと、運転席に設置されたマイクを通して、会話を行う。それぞれの会話は、クラウド上にある多言語翻訳プラットフォームにより、目的の言語に翻訳され、英語や中国語 (简体中文、繁体中文)、韓国語の翻訳に対応している。KDDIとみんなのタクシー、東京都内のタクシーにおける訪日外国人向け「多言語音声翻訳システム」の実証実験を実施

KDDIはこれまで、鳥取県、東京都、沖縄県における観光タクシー内での同システムの実証実験を行っており、円滑なコミュニケーションの実現とタクシー乗務員の操作負担の軽減に関して、検証と改善を繰り返してきた。

今後、各社は同実証実験を踏まえて、訪日外国人観光客の満足度や安心感の向上に加え、タクシー乗務員によるコミュニケーションの実現に向けて同システムの商用化の検討を進めていく。

また、都内タクシー会社5社が既に導入しているIoTサイネージサービスや、タクシー配車アプリ「S.RIDE(※)」と連携したS.RIDE Walletの機能を有する後部座席タブレットに同システムを搭載し、一つのタブレットで多様な機能を一括で提供し、乗客の利便性の向上を目指す。

※ ワンスライドすることで、東京のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができ、乗車事前や車内でのネット決済やQRコード決済により、スムーズな降車を実現するタクシー配車サービス。

Previous

仙台市とノキア、プライベートLTEでノキアドローンの津波避難広報の飛行実証実験を実施

住友電工とソフトバンク、5Gを活用して工場の設備データをリアルタイムで収集して生産性等の向上を目指す実証実験を実施

Next