KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始

KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、株式会社運動通信社、株式会社アクロディアは、2020年1月5日から1月12日までの期間中に開催される「ジャパネット杯 春の高校バレー 第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(以下、春高バレー)」において、バレーボールの観戦体験を拡張する「AUGMENT SPORTS」を体験できる取り組みを実施する。

同取り組みでは、スマートグラス「NrealLight」を活用しバレーボールの試合観戦時にチームのアタック成功率、ブロック数などのスタッツ情報がリアルタイムに確認できる「NrealLightを使ったAR観戦」体験を提供する。

KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
スマートグラス「NrealLight」

また、画像認識AI技術を活用し利用者のバレーボールフォームを解析する「目指せハイスコア!センサーサーブゲーム」では、サーブフォームをカメラで録画・解析し、正しいフォームで打てているか判定を行う。フォームの解析は崇城大学・増村雅尚准教授の監修のもと、専門的なアドバイスを受けることができる。また、ボールはアクロディアが開発したセンサー内蔵のIoTスマートボールを使用し、サーブ速度や回転軸・回転数を計測する。

KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
センサーサーブゲームイメージ

さらに、VRゴーグルを用いてバレーボール元日本代表の狩野舞子選手と一緒にバレーボールをプレーする疑似体験ができる「狩野舞子VR×レシーブチャレンジ」のブースを大会会場に設置し、来場者に5G時代を見据えた観戦体験を提供する。同ブースでは、プレー風景をさまざまな角度から視聴体験できるほか、専用のリストバンドを装着することで、バレーボールのレシーブを体験できる。

KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
狩野舞子VR×レシーブチャレンジイメージ

加えて、auスマートパスプレミアム会員を対象に、縦アングルでコートのエンドラインの視点から観戦可能な「縦画面バレーボール観戦」を提供する。抽選で40組80名の利用者を対象に春高バレー決勝戦に招待し、センターコート傍観戦席での公式練習・決勝戦観覧ができるほか、フジテレビによる実況解説や、大会会場に設置された公式表示をAIが画像認識して自動でテロップ化された得点表示と合わせることが可能だ。

KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
縦画面バレーボール観戦イメージ

そのほかにも、利用者の気になる得点シーンのリプレイ映像を切り出してボタン1つで再生できる機能の「ジグザグスコア&リプレイ再生」や、Facebook, Incと連携して春高バレーのマスコットキャラクターのバボちゃんが現れる春高バレーオリジナルのInstagram ARフィルタを体験できる。

KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
ジグザグスコア&リプレイ再生イメージ
KDDI他3社、スマートグラスや画像認識AIを活用した春高バレーの観戦体験を提供開始
春高バレーオリジナル・Instagram ARフィルタ
Previous

サイバーマトリックス、IoTデバイスに特化した脆弱性診断サービスをリリース

ユビキタスAIコーポレーションと長久手市、スマートメーターの電力使用量データを活用した高齢者見守りシステムの運用実験を実施

Next