IoT人気記事ランキング|日本ガイシの「EnerCera」CES2020レポートなど[1/20-1/26]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 日本ガイシ、メンテナンスフリーIoTを実現する「EnerCera」 -CES2020レポート6

IoTの仕組みを実際に展開する場合にボトルネックとなる領域が通信と電源だ。
→詳細はこちら

2位 気軽に使えそうなメガネ型MRグラス -CES2020レポート7

ラスベガスで開催されているCES2020レポートの第三弾は、XRとドローンについてだ。
→詳細はこちら

3位 NTTドコモ、6Gに関する技術コンセプトを公開

移動通信システムは約10年ごとに世代交代しており、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は2010年頃から5Gの検討を行ってきた。2018年からは、5Gの高度化(以下、5G evolution)ならびに第6世代移動通信システム(以下、6G)に向けた検討と研究開発を進めている。
→詳細はこちら

4位 デロイト、第四次産業革命に関して日本企業は事業機会と捉える戦略視点が弱いと発表

デロイトは、世界の経営者の第四次産業革命に関する意識調査を実施した。これに関して、デロイト トーマツ グループは、日本の経営者の回答結果について発表した。同調査は第四次産業革命期における経営者の意識を戦略・人材・技術・社会の領域に渡って示すことを目的としており、今回の調査で3回目となる。
→詳細はこちら

5位 村田製作所、極小サイズのモバイル機器向けPTCサーミスタの量産を開始

スマートフォンをはじめ、モバイル機器の高機能化・小型化が進んでいる。これに伴い電子回路の安定性を確保する小型の回路保護部品のニーズが高まっている。これまでモバイル機器では、電子回路の温度コントロールにNTCサーミスタが広く使用されていた。NTCサーミスタとは、Negative Temperature Coefficient Thermistorの略で、温度が上がると、熱に過敏に反応する抵抗値が下がるタイプのもので、電子回路の温度検知、温度補償の用途に使われる。
→詳細はこちら

6位 KDDI、法人向けIoT累計回線数が1000万回線を突破

KDDIは、法人向けIoTデータ通信を2001年から提供している。KDDIグループ全体では、IoTを推進する上で欠かせないデバイス(センシング)、ネットワークインフラ、クラウド、データ分析まで、IoTをワンストップで提供する体制を整えている。
→詳細はこちら

7位 ユニファ、IoT/AIを活用した「スマート保育園」のモデル園を全国で募集開始

女性の社会進出により、子どもを乳児期から保育施設に預けて働く世帯が増えている。
→詳細はこちら

8位 【期間限定】ミックスド・シグナル・オシロスコープ 帯域ブースト・キャンペーン

オシロスコープは、帯域幅が広いほど高周波成分を含む信号をより正確に測定できる。将来の測定ニーズを考えると、余裕のある帯域幅のオシロを買いたいという要望はよく聞く話だ。
→詳細はこちら

9位 デロイト、AI利活用企業の約5割がPoCを実施と発表

デロイト トーマツ グループは、日本企業の「AIガバナンス サーベイ」の2019年版を発表した。同調査は企業におけるAIの利活用状況やリスク管理・ガバナンス構築の実態調査を目的に、2019年9月18日~2019年11月15日の期間、日本に拠点を置く全業種の全部門を対象にオンラインによるアンケートで実施し、172件の有効回答を得た。
→詳細はこちら

10位 東京エレクトロン デバイス、屋内測位ソリューションを簡単に構築できるキットを発売

東京エレクトロン デバイス株式会社(以下、TED)は、三点測位技術に基づいた屋内測位ソリューションを簡単に構築できる「Cassiaロケーショニングキット with Azure」を開発し、本日から販売を開始した。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NEC、5Gミリ波周波数帯の有効活用に向けたミリ波の分散アンテナ技術を開発

SBドライブ・マクニカ・境町、自律走行バスを実用化

Next