クアルコム、次世代の超音波指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」を発表

クアルコムは、2世代目となる超音波指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Sensor Gen 2」を発表した。

1世代目の超音波指紋センサー「Qualcomm 3D Sonic Sensor」のサイズが4x9mm(36mm2)に対し、同センサーは8x8mm(64mm2)と1世代目よりも77%大きくなった。これにより、指を置くエリアが広がったことに加えて、これまでよりも1.7倍の生体認証データを集めることが可能となった。

また、同センサーは大型化したセンサーと高速な処理の組合せにより、1世代目と比較して50%速くなった。これにより、従来より早くデバイスのロックを解除することができる。

なお、2021年の早期に同センサーを搭載したデバイスが登場する予定とのことだ。

Previous

経産省、「デジタル市場に関するディスカッションペーパー~産業構造の転換による社会的問題の解決と経済成長に向けて~」を公表

IoT人気記事ランキング|経産省がDXの加速に向けた研究会の中間報告書「DXレポート2(中間取りまとめ)」を公表など[1/4-1/11]

Next