IoT NEWS

JR東日本とソフトバンク、5Gとデジタルツインを活用した建設工事のリモート監督業務の実証実験を開始

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)の千手発電所(新潟県十日町市)では、発電機や水車を支える設備などの大規模取替工事を実施している。施工段階では、JR東日本が工事現場で構造物の寸法や鉄筋の種類・位置が設計図通りかなどの品質確認を行うが、現在はオフィスから工事現場への移動と確認作業に時間を要している。

このほど、JR東日本とソフトバンク株式会社は建設工事のリモート監督業務の実現に向けて、JR東日本の千手発電所の大規模取替工事において、5Gとデジタルツイン(※1)を活用した実証実験を2021年夏頃より開始する。

同実証実験では、建設現場で画像や点群(※2)データを取得し、現地状況を仮想空間に再現するデジタルツインを活用してオフィスなどの遠隔地で品質確認などの業務を行う。画像や点群データの取得にはドローンなどのさまざまなツールを活用し、人手に頼らないデータの取得・確認手法を検討する。また、取得したデータの伝送には高速・大容量通信などの特長を持つ5Gを活用することで、遠隔地から工事の状況をリアルタイムに把握できるようになる。

※1 デジタルツイン:現実空間で収集したデータを基に、現実空間を仮想空間に再現する技術。
※2 点群:物体の表面の位置や形状を計測し、3次元に表現するための点の集合体。