グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下、グッドイヤー)は、自動運転向けコンセプトタイヤ3種「Eagle 360 Urban」、「IntelliGrip Urban」、「CityCube」を初公開し、コネクテッドタイヤの長期ビジョンを発表した。未来の都市環境を想定したこれらのタイヤは、人工知能AIやIoT技術の採用により、自動運転に通じる未来志向型タイヤのあり方とその技術を提案している。

昨年、グッドイヤーは、球体の形状を持つ未来志向型コンセプトタイヤEagle360(イーグルサンロクマル)によって、自動運転のニーズを想定した機動性、通信接続性、バイオミミクリーという特徴を持つ独自性の高い未来のタイヤを発表した。

そのEagle360にAI技術を搭載し、タイヤに「頭脳」としての機能を与えたものが今回公開された「Eagle360 Urban(イーグルサンロクマル アーバン)」。また、バイオニックスキンと呼ばれるタイヤ表面には、センサー技術が搭載され、路面状況や天候気象を感知し、AI技術が指示を促すことによってタイヤトレッド表面が凹凸により変形し、より安全な走行が可能だという。

「Eagle360 Urban」の特長は以下の通り。

  • 継続的に路面状況や周辺環境を感知し、タイヤの状態をリアルタイムに確認する。
  • 高センサー機能を保持したタイヤ表面は、路面状況や気象情報を感知し、下記を可能にする。
    ・タイヤ表面の自在な変形
    ・車両の「神経システム」によりブレーキング、ハンドリング、燃費効率を改善
    ・同じ道路を走行しようとしているタイヤや自動車とIoTで繋がり、情報を共有
  • タイヤ表面は、AI技術により機能が強化され、その指示によって、現状および未来の摩耗を予測し、メンテナンス管理を行う。
  • 球体の形状により、あらゆる方向への移動が可能となり、快適性、安全性を提供。機動性が高く、より狭い駐車場内での限られたスペースへの対応や、容易なタイヤ交換も可能。

「IntelliGrip Urban(インテリグリップ アーバン)」は、センサー技術を搭載したトールアンドナロータイヤ。このタイヤは、路面状況や気象状況を察知し、重要な情報を集約して、電気自動車のコンピューターシステムに送り、スピード、ブレーキ、ハンドリング、安定性を最適化できるので、大口ユーザーが車両管理するのも容易となる。

次世代の自動車は、IoT技術により他の車両、運転手、歩行者とデータが接続された管理環境下で、走ることになる。また、トールアンドナロータイヤの形状は、走行距離を向上させ、低い転がり抵抗によりエネルギー効率の向上を達成する。高性能なセンサー技術により、タイヤに関連する損傷を未然に防ぐことが可能だという。
グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表
「IntelliGrip Urban」の特長は以下の通り。

  • センサータイヤ技術:道路状況を読み、乗客の安全と安心感を強化。また、クラウド技術によりタイヤと車両間の情報を共有する。
  • 容易なメンテナンス:タイヤ関連の起こりうる事象を瞬時に認知し、未然に防ぐ。取り扱いが容易で、タイヤ性能を最大化し、オペレーションコストを低減し、稼働率効率性の向上が見込めるため大口ユーザーを安定的に取り込める。
  • トールアンドナロー形状:タイヤの転がり抵抗を軽減し、エネルギー効率を向上させ、都市生活における大口の電気自動車ユーザーの創出に寄与する。

「City Cube(シティキューブ)」は、トヨタのコンセプトモデル「トヨタi-TRIL」向けに特別仕様に開発された最新のコンセプトタイヤ。高性能なセンサー技術と独自のトレッド形状により、あらゆる路面状況を感知し、データを変換し、先進衝突防止システムに寄与する。
グッドイヤー、自動運転向けコンセプトタイヤ3種を発表
「トヨタi-TRIL」は、3人乗り電動モビリティーのコンセプトモデルで、車体を傾けて曲がるアクティブ・リーン技術を導入している。グッドイヤーの設計者は、設計の際、この技術に触発され、二輪車用タイヤの形状を思い描いた。結果、独自性の高い異なる輪郭形状のタイヤをそれぞれフロントとリアに装備することにした。つまり、トールアンドナロータイヤをフロントに、より幅広の非対称設計形状タイヤをリアに装着した。

フロントの傾斜が可能なホイールは、トールアンドナロータイヤへの両方向からの装着が可能。なので、安全走行が可能で、より大きなリアタイヤにより水を排出し、グリップ力を強化している。リアタイヤは、コーナリングの安定性に寄与する為、内側が硬く非対称形状となっている。また、サイドウォール部は、独自性の高いプレミアムな外観を実現している。

トヨタの要望に答えするよう特別仕様として開発された「CityCube」は、軽量設計なため、低い転がり抵抗を実現する。これは、近未来の電気自動車タイヤには、重要な要素だという。「CityCube」は、溝量を軽減し、走行距離を延ばし、よりよい近未来の都市環境へ寄与するようノイズレベルも軽減している。

【関連リンク】
グッドイヤー(Goodyear)
トヨタ(TOYOTA)

Previous

デンソー、2台体制ロボットアームを搭載した新たな代指しロボット「電王手一二さん」を提供

ソフトバンク コマース&サービス、英語の勉強が楽しくなるAIロボット「Musio X」発売

Next