内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

SB C&S、Matter対応のスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を発売

SB C&S株式会社は、SWITCHBOT株式会社が手掛ける、スマートホームブランド「SwitchBot(スイッチボット)」から、スマートホーム規格「Matter(マター)」に対応し、新たな機能IR Decoding(アイアールデコーディング)を搭載したスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を、2023年3月24日から販売を開始する。

販売箇所は、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシン、ZOA、DCM、ノジマ、ビックカメラ、ベイシア電器、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラなどの全国の家電量販店(一部店舗を除く)や、SoftBank SELECTION オンラインショップ、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどだ。

「SwitchBotハブ2」は、複数の赤外線リモコンを一つにまとめるスマートリモコン「SwitchBotハブミニ」の上位モデルだ。

4,800社以上、8万3,000以上の型番に対応しており、半年周期で赤外線コードのアップデートを実施するため、新たな製品にも対応していく。

また、主な赤外線LEDの他に補助用赤外線LEDを6つ搭載することで、赤外線送受信範囲が強化されているため、赤外線送信範囲は「SwitchBotハブミニ」の約2倍だ。

さらに、「SwitchBotハブ2」の温度や湿度、照度センサにより室内環境を把握でき、測定値をトリガーにした家電操作をシーンとして登録することができる。温湿度センサはケーブルに搭載されているため、「SwitchBotハブ2」本体の熱の影響を受けにく設計となっている。

SB C&S、Matter対応のスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を発売
測定された温度・湿度・照度を可視化したイメージ画面

加えて、「SwitchBotハブ2」の画面上にはON・OFFボタンが搭載されているほか、エアコンに関しては物理リモコンでの操作にも対応するIR Decoding機能も搭載している。(IR Decoding機能は4月以降にファームウエアのアップデートで対応予定。)

SB C&S、Matter対応のスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を発売
シーン設定することで、画面上でON・OFFすることができる。

「SwitchBotハブ2」が対応しているMatterは、標準化団体であるCSA(Connectivity Standards Alliance)がリリースした、さまざまなスマートホーム製品同士の互換性を高めるスマートホームの標準規格だ。

Apple HomeKitやGoogleアシスタント、Amazon Alexaなどは、Matterにサポートされており、さまざまなスマートホームブランド製品との連携がしやすくなる。

SwitchBotのBluetooth製品も、Matterに対応した「SwitchBotハブ2」と連携することで、Matterを介した制御が可能になる。

SB C&S、Matter対応のスマートリモコン「SwitchBotハブ2」を発売
「SwitchBotハブ2」と連携することでMatterを介した制御が可能に

今回、Bluetooth製品である「SwitchBotカーテン」が、「SwitchBotハブ2」と連携することで、Apple HomeKitに対応。ホームアプリからのカーテンの開閉操作や、HomepodやApple Watchでの操作ができるようになる。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録