内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

インフォコーパス、車両や機材などのアセットを統合管理するソリューションをリリース

株式会社インフォコーパスは、車両や機材など、企業が保有するアセット(資産)をクラウド上で統合管理する、アセット統合プラットフォームSensorCorpus AM(AssetManagement)「位置情報・稼働情報の見える化サービス」の提供を、2023年6月14日より開始する。

SensorCorpus AM「位置情報・稼働状況アプリケーション」は、アセットの位置情報、稼働情報などを見える化し、効率的な運用やアセット盗難防止を支援するサービスだ。

アセットへの装着デバイスにGPSと加速度センサが内蔵されており、アセットに取り付けることで、複数のアセットが現在どこにあるかといった位置情報や、稼働情報をリアルタイムに把握できる。

インフォコーパス、車両や機材などのアセットを統合管理するソリューションをリリース
サービスのシステム構成

なお、アセットへの装着デバイスは、京セラコミュニケーションシステム株式会社が提供しているSigfoxデバイス「IET10MO」が活用されている。

インフォコーパス、車両や機材などのアセットを統合管理するソリューションをリリース
デバイスの設置イメージ

アセットの位置はGoogleマップ上に表示され、地図上のマーカをクリックすると、吹き出しが表示されて、アセットの状態(アセット名、稼働状況)が確認できる。

インフォコーパス、車両や機材などのアセットを統合管理するソリューションをリリース
サービスの画面イメージ。アセットの位置情報が詳細に表示されている。

また、日毎、週次、月次、年間のアセットの稼働時間も表示される。

インフォコーパス、車両や機材などのアセットを統合管理するソリューションをリリース
サービスの画面イメージ。アセットが現在どこ(場所名)にあるか、稼働しているかを表示している。稼働時間は1週間単位で表示され、3時間を超える稼働日は濃い色で表示されている。

さらに、アセットが予期せぬ移動をしたら管理者にアラートメールを発報するほか、稼働時間データのCSVダウロードや、CO2排出量の計算も可能だ。

その他にも、修理履歴や定期検査履歴などを記録や車検証などのファイル保存など、アセットのプロフィールを継続的に記録することができる。

今後インフォコーパスは、アセットを運用する「人」の支援をするサービスなど、アセットを統合的に管理するサービスを順次拡充していく予定だ。

なお、このサービスは、2023年6月15日~17日に開催される、「第37回 オートサービスショー2023」において、ディーアイシージャパン株式会社のブースにて展示される。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録