内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始

KDDI株式会社は、誰もがクリエイターになりうる世界に向けたメタバース・Web3サービス「αU」を始動した。

αUは、メタバース、ライブ配信、バーチャルショッピングなどWeb3時代のサービスを提供する。音楽ライブやアート鑑賞、友人との会話やショッピングなどの日常体験を、いつどこにいても楽しむことができる。さらに国内外のパートナーと連携し、日本のクリエイターやコンテンツのグローバル展開をサポートする。

具体的には、メタバースでエンタメ体験や友人との会話を楽しめる「αU metaverse」、360度自由視点の高精細な音楽ライブを楽しめる「αU live」、デジタルアート作品などの購入ができる「αU market」、暗号資産を管理できる「αU wallet」、実店舗と連動したバーチャル店舗でショッピングができる「αU place」を提供する。

また、これらのサービスがすべて体験できる「αU spring week 2023」を、2023年3月8日~12日まで東京都渋谷区で無料開催される。さまざまなアーティストの個展やライブなどが行われる。

αU metaverseは、バーチャル空間に再現された渋谷や大阪の街を舞台に、アーティストによる音楽ライブや、利用者同士が集まって会話を楽しめる、さまざまなコミュニティに出会うことができるメタバースサービスである。

参加者は好きなアバターになって街中にあるバーや居酒屋、カフェといったコミュニケーションスペースに集い、音声でコミュニケーションをとる。また、音楽ライブや有名人のトークライブ、クリエイターによる展覧会などが開催される。イベント後に行われるアーティストやファン仲間と直接コミュニケーションができるミート&グリートでは、メタバースならではのアバターを介した近い距離間で会話する貴重な体験ができる。

さらに、街とは別に用意された自分の部屋(マイルーム)を、家具などで模様替えをすることができる。今後、マイルームに招待した仲間と会話を楽しむ延長でのトークライブ開催、アバターやマイルームの家具の制作や販売が可能になる。

KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始
「αU metaverse」サービス画面
αU liveは、360度・自由視点で映像を視聴するライブ体験サービスである。アーティストと会場をバーチャル空間に再現し、視聴者はリアルのライブに近い体験ができる。バーチャルで活躍するアーティスト、リアルで活躍するアーティスト問わず、さまざまなαU liveのパフォーマンスを楽しめる。
KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始
「αU live」サービス画面
αU marketは、デジタルアート作品(NFT)などが購入できる電子取引市場(マーケットプレイス)である。有名ファッションデザイナーや著名なNFTアーティストによる作品がαU market限定で登場する。クレジットカード決済やauかんたん決済対応で、簡単にNFTの購入が可能だ。なお、他のマーケットプレイスとも互換性があるNFTネットワーク「Polygonブロックチェーン」に対応し、購入した作品を他人に販売することもできる。

また、対象のリアル店舗で提示すると特典が受けられる「デジタル会員証(NFT)」を取り扱っている。東京都渋谷区の店舗から提供を開始し、順次エリアを拡大予定としている。

KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始
「αU market」サービス画面
αU walletは、αU marketで購入したデジタルアート作品(NFT)や、売買時に使用する通貨である暗号資産の管理ができる暗号資産ウォレットである。さらに、Polygonブロックチェーン対応のマーケットプレイスで購入したNFTも管理できるほか、売買する際に使用する通貨である暗号資産「Polygon(MATIC)」の送金・入金ができる。
KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始
「αU wallet」サービス画面
αU placeは、お客は店舗を見渡して好みの商品を探すことや、家族や友人と一緒に買い物ができることなどリアル店舗の良さと、いつでも買い物ができるECの良さを組み合わせた新しいショッピングができる。

リアル空間の街並み・店舗・商品をバーチャル空間上に再現する。お客は現実の街で行うショッピングと同様に、バーチャル空間内で街を散策することや店舗を見つけて入店することができる。店舗スタッフからビデオ通話で商品説明やアドバイスを受けることもできる。出店店舗は、実際の外観デザインと店内展示をスマートフォンで撮影するのみで、バーチャル空間に再現する。また、リアル店舗でスマートフォンをかざすとARで商品情報を表示するなどリアルとバーチャルの連動機能も提供予定だという。

KDDI、ライブ配信やバーチャルショッピングが体験できるメタバース・Web3サービス「αU」を開始
「αU place」サービス画面

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録