クアルコムの5G「スマホ」の今、これから拡がる「非スマホ」の5G対応 ーMWC2019バルセロナレポート2

スマートフォン以外の5Gへの対応

「2019年が、世界的にもスマホ×5Gに注目が集まるピークとなるだろう。」「その後、この先はスマホ以外の領域における5G活用に期待が高まる。」とクアルコムの担当者はいう。

実際、クアルコムでも非スマホ領域に向けた取り組みが進んでいるという。

スマホ領域で培った通信ノウハウを活かし、まずはPC向け、そして家庭向けに、固定回線からのリプレース対応を既に始めているということだ。また自動車向けは、これまで継続的に取り組んでいるセルラーV2Xの5G対応が既定路線だろう。

クアルコムの5G「スマホ」の今、これから拡がる「非スマホ」の5G対応
Snapdragon 8cxはPC向け5Gプラットフォーム

現時点でも通信手段は多様に存在している。

現状で一般的なものでもLTEや5Gのようなセルラー通信以外にも、FTTH(光ファイバー通信)、Bluetooth、Wi-Fi、LPWAなどが存在している。

家庭用の回線はFTTHで十分だと思っている人も多いだろう。PC向け通信もWi-Fiで良いと思っている人が大半のはずだ。

しかし、有線はアップグレードのためのリプレース作業や、提供するための敷設工事のリソース負担が大きく、日本以外の国では、自宅でFTTHが利用できない環境の人がたくさん存在している。

また、Wi-Fiはだれでも活用できるため、安定性やセキュリティにおける課題がある。

このような実態を考えると5Gはスマホ領域以外の多くの通信課題を解決する手段としても期待されている。

クアルコムの5G「スマホ」の今、これから拡がる「非スマホ」の5G対応
Qualcommは5G時代の家庭内のIoT化にも積極的に取り組む

次のページは、「5Gのインダストリー向け対応