IoT人気記事ランキング|スマートスピーカーが日本で普及しない理由など[11/11-11/17]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 スマートスピーカーが日本で普及しない理由とは

Amazonの「Amazon echo」、Googleの「Google Home」が日本に上陸した2017年はスマートスピーカー元年と言われる。
→詳細はこちら

2位 普及するEV・PHEV車を支えるバッテリー生産者

ものづくり白書2019では、日本の製造業が生み出してきた様々な製品群がどれだけの世界の市場でどれだけのシェアを獲得してきたかが公開されている。
→詳細はこちら

3位 IoTで変わる原価管理、mcframeで進む現場データの経営での活用 ―B-EN-Gインタビュー

基幹業務パッケージ「mcframe」などのERP/SCMソリューションを提供する東洋ビジネスエンジニアリング(以下,B-EN-G)は、2019年10月1日より「ビジネスエンジニアリング株式会社」と社名変更を行い新たな門出を迎えた。
→詳細はこちら

4位 睡眠問題を解決する、スリープテックとは

テクノロジーで、睡眠の質を高める取り組み「スリープテック」が現代社会の睡眠不足問題を解決してくれるかもしれない。
→詳細はこちら

5位 内覧から入居まで「完全非対面」での賃貸借契約マンション

三菱地所ハウスネットは賃貸住宅の管理業を営む企業である。
→詳細はこちら

6位 スポーツ業界に利用されるIoT

スポーツ業界において、データの有効性は古くから注目されている。
→詳細はこちら

7位 産業用ロボットに高まる期待

人口減少という局面の中、人に変わる労働または人をアシストするロボティクスに注目が集まっている。IoT・AIの進化に伴いロボット自体が賢くなり、できることは飛躍的に増えていくことが想像できる。
→詳細はこちら

8位 産業用ドローンの利用方法

日本国内では、産業用無人ヘリコプターの歴史は長く、主に農薬散布を目的として利用されてきた。
→詳細はこちら

9位 機械学習とディープラーニングの違いとは

AIの話題になると、機械学習やディープラーニングという単語をよく目にする。
→詳細はこちら

10位 2020年の小学校プログラミング教育必修化へ向けた教育ロボット5選

日本では、2020年度から小学校でのプログラミング教育が全面必修化される。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NTTが未来に描くヒトのデジタルツインなど ーNTT R&Dフォーラム2019 レポート

FRONTEO、AIを活用したメール監査サービス「saki-mori」を提供開始

Next