IoT人気記事ランキング|「タッチレス」の現状など[12/9-12/15]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 QRはもう古い?「タッチレス」の現状

政府は2019年10月消費税引き上げに伴い、「キャッシュレス決済に対するポイント還元制度」という施策を2020年6月まで行うとしている。
→詳細はこちら

2位 Amazon Go、米国内で既に20店舗以上の出店

2018年1月にAmazon Goの1号店がシアトルでオープンした。
→詳細はこちら

3位 RPAにも利用されるAI

働き方改革が話題になる中で、業務の効率化を目指すツールとして注目を集めているのがRPAだ。その流れを受けて、RPAの導入を検討している企業も多いかもしれない。
→詳細はこちら

4位 あらゆるシーンで活躍するAIを支える「NVIDIA×ディープラーニング」

2019年10月23日にGDEPアドバンス社は、秋葉原UDXカンファレンスで無料セミナー「ディープラーニングの今とこれから」を開催。このセミナーでは、ディープラーニングにはもはや欠かせないNVIDIAのGPUに関する最新情報、そして実際にNVIDIA製品を活用した数多くのAIシステムの事例が紹介された。
→詳細はこちら

5位 製造部品の予兆検知を簡単に行う「OMNIedge」の正式受注開始

2019年12月10日、THK、NTTドコモ、シスコシステムズ(以下、シスコ)、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は製造業向け機械部品の予兆検知サービス「OMNIedge」の正式受注を12月18日より開始することを発表した。
→詳細はこちら

6位 工場や建設現場で活用されるウェアラブルデバイス

スマートウォッチやスマートグラスなどのウェアラブルデバイスは、ヘルスケアやエンターテイメントなど、コンシューマー向けに開発された製品に馴染みがある方も多いかと思うが、一方で、工場などの作業で使う用途としても役立っている。
→詳細はこちら

7位 NEC、セブン-イレブン麹町駅前店に設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供

昨今、社会課題の継続的な変化に伴い、顧客のライフスタイルや嗜好は変わり続け、求められるコンビニエンスストア像も絶えず変化している。このような中、日本電気株式会社(以下、NEC)では、小売業向けに、消費者行動の変化、そして急速に進む労働力不足といった課題に取り組んでいる。
→詳細はこちら

8位 DNPや京都大学など、歩行学習支援ロボット「Orthobot」を発売

現在、日本の脳卒中の患者数は130万人に上ると言われ、後遺症や脊髄損傷等により、歩行に障害を抱える人も数多くいる。こうした人々は、歩行トレーニングによって歩行機能の改善を図ることが有効だが、介護やデイケアの施設などで効果的なトレーニングを行うことは、難しいとされている。
→詳細はこちら

9位 2020年、東京オリンピックまであと少し。導入される技術を紹介

2020年のビックイベントといえば、東京オリンピックだろう。このオリンピックにむけて、日本の多くの企業が技術を提供し参加者、選手、スタッフを支えることとなる。また、現地に行かなくともその技術に知らない間に触れることもあるかもしれない。
→詳細はこちら

10位 テレビ会議で使うと便利、Katai社のIoTカメラ

画像認識の精度が向上した結果、カメラをインターネットに接続し、撮影した画像をクラウドにアップロード後、AIに解析させたいというニーズが高まっている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

建設とテクノロジーの掛け合わせConTechとは

NXPとiDevices、マイクロコントローラベースのスマートホームIoTデバイスを構築

Next