IoT人気記事ランキング| 三菱電機のAIで曖昧な命令を理解する技術など[1/27-2/2]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 三菱電機、AIで曖昧な命令を理解する「コンパクトな知識処理に基づくHMI制御技術」を開発

三菱電機株式会社は、人の曖昧な命令を、エッジ機器単体で状況に応じて不足情報を自動補完して理解する「コンパクトな知識処理に基づくHMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)制御技術」を開発した。同技術は、三菱電機のAI技術「Maisart」を用いており、知識処理の演算量とメモリー使用量を削減することで、家電製品や車載情報機器などのエッジ機器のHMIに適用でき、素早い機器操作を実現する。特長は以下の通り。
→詳細はこちら

2位 ドコモが取り組むIoT/AIの最新技術やソリューション DOCOMO OpenHouseレポート2

NTTドコモが今春からサービスを開始する5GやAI、IoTなどの最新技術を活用した様々なサービスやソリューションの展示や講演を一堂に体験できる「DOCOMO Open House 2020」が東京ビッグサイト青海展示棟で開催された。
→詳細はこちら

3位 NEC、顔認証技術を用いたスマートホスピタリティサービスを三井不動産グループの新ホテルに提供

日本電気株式会社(以下、NEC)では、スマートホスピタリティサービスとして、安全・安心で効率的な滞在・回遊による周辺地域全体の活性化を目指している。これは、顔認証を活用して、ホテルへのチェックイン・入室、エンターテイメント施設への入場、商業施設での決済などを行うことで、ゲストの利便性向上とストレス軽減を図り、より快適な体験・滞在につなげるものだ。
→詳細はこちら

4位 実用化直前、様々な5Gの利用シーン ーDOCOMO OpenHouseレポート3

ここでは、5Gに関する展示を中心に紹介する。
→詳細はこちら

5位 日立など、日立市でMaaS実証を開始

株式会社日立製作所(以下、日立)、茨城交通株式会社、株式会社みちのりホールディングス等で構成される日立市新モビリティ協議会は、2月から茨城県の日立地域でMaaSの実証実験を開始する。
→詳細はこちら

6位 NTTPC、IoTやDXを視野に入れた5Gネットワークを利用したSD–WANの実証実験結果を発表

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)はNTTドコモ(以下、ドコモ)のパートナープログラムに参加しており、今春開始される5G商用サービスと同じネットワーク装置・同じ周波数帯を利用した5Gネットワークを用いて、実証実験を行った。
→詳細はこちら

7位 SBドライブ・マクニカ・境町、自律走行バスを実用化

茨城県の境町では、高齢化に伴う免許返納者の増加や鉄道の駅の不足、バスやタクシードライバーの不足などの課題を抱えており、移動手段の拡充が喫緊の課題である。
→詳細はこちら

8位 ソフトバンク・WCP・大成建設、5G活用でトンネル工事現場の安全管理を行うi-Constructionの実現に向け実証実験を実施

近年、日本の生産年齢人口の減少によりさまざまな業種の労働生産性の向上策として、ICT機器などの高度化、データの利活用による移動や労力の削減、生産性の向上が求められている。また、日本は山岳が多く、トンネルが多数存在している。トンネルの工事現場では、落盤や土砂崩れ、酸欠、火災などの重大な事故が起こることもあり、安心・安全な労働環境の実現が求められている。
→詳細はこちら

9位 NTTグループ、マレーシアでスマートシティ実現に向けた実地検証を開始

安定した経済成長を続けるアジア諸国では、交通渋滞や環境問題等、経済成長に伴って様々な社会課題が顕在化しており、ICTを活用した課題解決策に対する期待が高まっている。アジア諸国の中でも特に、日本と友好的で互恵的な二国間関係を築いてきたマレーシアでも、日本企業がグローバルで培った技術やノウハウを活用して、社会課題解決や経済発展に貢献することへの期待は非常に高い。
→詳細はこちら

10位 協創プラットフォーム「CRESNECT」プロジェクト、清水建設や野村不動産ホールディングスなど新たに5社が参画

「CRESNECT(クレスネクト)」とは、様々なパートナー企業と協業して空気・空間にまつわる新たな価値やサービスを生み出す協創型プラットフォームだ。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

顧客と改善を繰り返して構築した在庫適正化ソリューション ―ウイングアーク1st 佐野弘氏インタビュー

山梨県とNEC、ローカル5GやAI・IoTなどの社会実装に向けて包括連携協定を締結

Next