マツダのMAZDA PROACTIVE SAFTY 東京モーターショー

東京モーターショーで展示されていた、マツダが提唱している「MAZDA PROACTIVE SAFTY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」。

マツダのブース担当者によると、「事故がない世の中を目指して技術を発展させていきたい。基本的にはドライバーが運転することが前提で想定し、ドライバーが運転する楽しさを提供している」という。

あくまでも完全自動化ではなく、センサーで危険を察知し、ドライバーをサポートする。運転する喜びを提供するが、人はミスをおかすこともあるので、そこをセーフティ技術でカバーするというわけだ。

 

東京モーターショー マツダ
サイドの白線を確認するカメラセンサー

このフロントガラス、バックミラーの裏側に配置されたカメラは、道路の白線を認識することができる。

白線が認識できることで、運転中のふらつきも検知することができるのだ。

 

東京モーターショー マツダ
シンボルマークの中に、ミリ波レーダーが入っている。このレーダーで前方のクルマを検知している。

シンボルマークの中に装備されているミリ波レーダーは、他の車との車間を検知し、衝突などを未然に防ぐ役割がある。

 

東京モーターショー マツダ
後方を確認するセンサー
東京モーターショー マツダ
後方を確認するセンサー(拡大)

こういったセンサー類が当たり前のようについてくる時代となることで、クルマの安全性は高まっていくといえる。今後、こういったセンサーを装備しているかどうかが保険の割引対象になっていくなどの動きがでてくることで、安全のためのセンサーを標準的に搭載する流れが加速する。

 

東京モーターショー2015での各社のIoTの取り組み
[第11回]クルマの未来はどうなるのか?東京モーターショー2015
東京モーターショー、SUBARUが考える「つながる車」
東京モーターショー メルセデス・ベンツ 世界初公開「Vision Tokyo」
東京モーターショー 自動で縦列駐車が可能なBMW i3
東京モーターショー 日産のコンセプトカー「NISSAN IDS」
モビリティ・シェアリングのHa:mo RIDE(ハーモライド) ー東京モーターショー2015
TOYOTAが考える自動運転 ー東京モーターショー2015
自動運転を支えるボッシュのセンサー 東京モーターショー

Previous

スマートロックでつながる良さを知る

NEC、ビッグデータ分析・予測に基づき判断や計画を最適化する人工知能(AI)「予測型意思決定最適化技術」を開発

Next