IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 FAがわかれば、製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビュー

2020年5月、株式会社アスコは小型IoTゲートウェイ「PUSHLOG」を発売した。「PUSHLOG」は、製造現場におけるIoT導入のハードルを下げるため、FAエンジニアが簡単にハードウェアの設置からクラウド環境の設定まで行い、データの可視化に取り組める事を目指した製品である。
→詳細はこちら

2位 「真正性」「ライフサイクル」「サプライチェーン」で読み解くIoTセキュリティ動向―サイバートラストオンラインセミナーレポート1

2020年5月14日、サイバートラストはオンラインセミナー「押さえておきたい!IoT機器のセキュアなライフサイクル管理とは」を開催した。このセミナーでは、IoT機器、組込みシステムの開発担当者に向けて、IoTセキュリティに関する国内外の最新動向や、製品ライフサイクル全体におけるセキュリティ管理を行うソリューションが紹介された。
→詳細はこちら

3位 街を変えたフィンランドのMaaSへの取り組み

フィンランドで行われた、MaaSへの取り組み。単純な移動の最適化をしただけではなく、社会のあり方まで変えて行っています。そこで、このフィンランドでの取り組みと、MaaSという言葉がわからないかたへの基本の解説を行います。
→詳細はこちら

4位 三井不動産とKDDI、5Gを活用したオフィスビルのDXを目指し基本合意

三井不動産株式会社とKDDI株式会社は、5Gを活用したオフィスビルのDXを目指し、2020年4月に基本合意書を締結した。今後、オフィスビルの課題解決や働き方改革を促進するオフィスソリューションの提供に向けた取り組みを実施するとしている。
→詳細はこちら

5位 「ゼロトラスト」時代に求められる産業向けIoT機器のセキュリティ管理―サイバートラストオンラインセミナーレポート2

2020年5月14日、サイバートラストはオンラインセミナー「押さえておきたい!IoT機器のセキュアなライフサイクル管理とは」を開催した。このセミナーでは、IoT機器、組込みシステムの開発担当者に向けて、IoTセキュリティに関する国内外の最新動向や、製品ライフサイクル全体におけるセキュリティ管理を行うソリューションが紹介された。
→詳細はこちら

6位 日本ユニシス、ブロックチェーンによるポストコロナ時代の電子チケット流通サービス「Kimaticke」を提供開始

新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請や生活様式の変化にともない、小売業・飲食業・観光業などにおける事業継続は、大変深刻な経済問題、社会課題となっている。日本ユニシス株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した、耐改ざん性や追跡可能性のある「権利移転」ビジネスに着目してきた。2018年には、ブロックチェーンによる電子チケット(電子バウチャー)の社会実証実験を喜多方市で実施し、2019年にはブロックチェーンによる電子チケットの観光周遊サービスの運用を大阪市で行ってきた。
→詳細はこちら

7位 [製造業:~5/25,~5/29]新型コロナ対策 今こそ取り組むべきIoT活用応援セミナー(無料/ウェビナー)

シナプスイノベーションは、製造業におけるIoT活用方法を伝える「新型コロナ対策 今こそ取り組むべきIoT活用応援セミナー」を2回に分けて、オンラインで配信する。製造業において、人材不足を回避する為に業務を省人化したい、生産性を上げて安定した生産をしたい、という悩みがある。このような悩みを解消する方法として、IoT活用に対する関心が高まっている一方、「何から始めればよいか分からない」「実際改善に繋がるのか分からない」という意見も多い。
→詳細はこちら

8位 凸版印刷とベルシステム24、企業のDX推進を支援する新会社「株式会社TBネクストコミュニケーションズ」を設立

凸版印刷株式会社と株式会社ベルシステム24ホールディングス(以下、ベルシステム24)は、2017年11月に業務資本提携を締結し、バックオフィス業務やコンタクトセンター業務などの領域で協業を進めてきた。現在、働き方改革や生産年齢人口の減少など、人手不足が社会問題となっており、BPOを取り巻く市場環境は、従来の人手の労働力による業務比率が高いサービスから、知識・ノウハウを活かした業務やAI・IoTなどの最新テクノロジーを活かした業務の比率が高いサービスへの転換が求められている。
→詳細はこちら

9位 ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始

株式会社ソラコムは、IoTデバイスを1個単位で購入できる「SORACOM IoT ストア」において、オフィスやデータセンターなどに設置されたコンピューターにセキュアなリモートアクセスや、配送車や社用車のトラッキングを行うことができる産業用IoTデバイスの提供を開始した。
→詳細はこちら

10位 KDDI・NECなど、5G高度化に向けた基地局仮想化およびO-RAN準拠のマルチベンダー接続性に関する実証実験を実施

従来の基地局設備は、専用のハードウェアとソフトウェアが一体となっており、あらかじめ周波数などのリソースの割合や設置場所を決めて運用されていた。そのため、例えばあるエリアにおいてモバイルブロードバンド回線に多くのリソースを割り当てている中で「低遅延」サービスを展開したい場合、低遅延用のトラフィック処理が十分に行えないといった状況が生じるなど、利用者のニーズに合わせたネットワークを柔軟に提供することが困難といった課題があった。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

住友商事とNEC、5Gアンテナ搭載スマートポールの試行設置において東京都と連携

富士通とBOOSTRY、異なるブロックチェーン間におけるデジタルアセット取引に成功

Next