IoT人気記事ランキング|スマートシティにおける、スマートパーキング10選など[6/7-6/13]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 スマートシティにおける、スマートパーキング10選

スマートシティについて注目が集まる中、空港やショッピングセンター、路上、大学において、スマートパーキングが広がっている。
→詳細はこちら

2位 DX人材の6つの役割と必要なスキル

昨今、DXの必要性を感じる企業が急速に増えたのですが、その一方で、それを実現する「DX人材」が不足しています。
→詳細はこちら

3位 経産省が「DX銘柄2021」に28社を選定、「DX注目企業」20社「デジタル×コロナ対策企業」11社も発表

経済産業省は、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定し、「DX銘柄2021」選定企業28社と「DX注目企業」20社を本日発表した。
→詳細はこちら

4位 スマートシティに使える、スマートゴミ箱5選

海外では、街のいたるところにゴミ箱があり、多くの自治体でスマートシティの一環として「スマートゴミ箱」が導入されている。

日本国内の場合、ゴミ箱を置いていない街が多いため、大学やテーマパーク、大型商業施設などの私有地での利用を想定した「スマートゴミ箱」の利用が始まっている。

→詳細はこちら

5位 IT、IoTとICTとの違い

「IoT」や「ICT」というキーワードは、近年よく目にする。
似ている単語なので、違いがわかりづらいところがあるが、それぞれの意味の違いを理解しているだろうか?
本記事では、IoTとICTの定義と関係性について解説する。
→詳細はこちら

6位 日立ソリューションズ、IoTで作業員の安全管理を支援する「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を提供開始

建設業や製造業では、労働人口の減少や作業者の高齢化が進む中、作業現場において、労働災害を防止し、労働者の安全と健康を確保することは企業にとって重要な課題となっている。特に、近年、厳しい夏の暑さにより、作業員が体調不良となる危険性が増しており、安全衛生管理部門や現場の管理者が作業員の状況をタイムリーに把握し、適切な安全対策を行うことが必要だ。
→詳細はこちら

7位 LIXILのスマートホームサービスがリニューアル、IoTホームLink「Life Assist 2」発売

株式会社LIXILは、ホームデバイスをインターネットに接続し、住宅設備機器・建材、家電とつなげるスマートホームサービス、IoTホームLink「Life Assist 2」を、本年7月1日より全国で発売する。(※)→詳細はこちら

8位 製造業における、E-BOMとM-BOMの連携とは

BOMとは、Bill Of Materialsの頭文字を取ったものであり、主に部品表と呼ばれている。
ひとつの製品に使われている部品の一覧で、階層構造になっている。

→詳細はこちら

9位 DX時代の正しい事例の読み解き方(事例マニアはNG)

「次はデジタルトランスフォーメーションだ!」「DXをやろう!」と社内で決まったとき、明確に何かの課題があるわけでもなく、「とにかくデジタルトランスフォーメーションだ!」と掲げる企業が多いものです。
→詳細はこちら

10位 ソニー、非接触ICカード技術 FeliCaを活用した座席管理ソリューション「SEATouch」の提供開始

本日ソニーは、同社が開発した非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を活用した座席管理ソリューション「SEATouch(シータッチ)」の提供を開始する。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから