IoT人気記事ランキング|IoTとICTとの違いなど[10/21-10/27]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 IoTとICTとの違い

「IoT」や「ICT」というキーワードは、近年よく目にする。
→詳細はこちら

2位 今更聞けないIoTの基本

調査会社のIDCJapanによれば、日本国内のIoT市場規模は、2018年はおよそ6.3兆円だという。IoT市場はますます拡大を続け、2023年にはおよそ12兆円規模に達するという試算もある。
→詳細はこちら

3位 スマート物流ソリューション5選

経済において物流は重要なインフラであるにも関わらず、そのほとんどがBtoBの取引であるため物流クライシスが叫ばれていても、物流業界に携わらない人にとっては危機感を持ちづらいという実態がある。
→詳細はこちら

4位 通信キャリア以外でも5G、「ローカル5G」とは?

総務省の調べによると、日本の移動通信システムの契約数は2019年6月末時点で約1億7,225万に達している。背景にはスマートフォン等の普及があり、これらのデバイスによる動画像伝送等の利用拡大が、移動通信トラフィック(データの転送量や情報量)を急増させている。
→詳細はこちら

5位 日本マイクロソフトと大成建設、AI・IoTを活用した施設運用・保守事業における協業を発表

2019年10月15日、日本マイクロソフトと大成建設は「CEATEC 2019」内にてAI・IoTを活用した施設運用・保守事業について協業を行うことを発表した。
→詳細はこちら

6位 9月・10月に発表されたMaaSの社会実装構築に向けた3つの実証実験

MaaSとは、Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略で、あらゆる交通手段をシームレスにし移動の効率化をはかるとともに、新たな移動の提供をすることで新たなサービスの提供を可能にしていくというものだ。
→詳細はこちら

7位 スマートビルディング・施設における「トイレ」への様々な取り組み

スマートシティというと、その言葉からも街全体の最適化であったり、例えば公共交通機関の待ち時間なくシームレスな移動ができ、カメラやセンサーでセンシングしたデータから、防犯情報が家族へ通達されたり、家電が天候や外気温・湿度から最適な室温を調整・自動制御したり・・・といったイメージを抱くかもしれない。ただ、突然スマートシティを実現するといっても、膨大なデータ量、そもそもの実現方法、規模からもなかなか進まないのも現実だ。
→詳細はこちら

8位 いまさら聞けないインダストリー4.0の基本

インダストリー4.0は第4次産業革命と訳され、ドイツ政府が2011年に公表した構想だ。
→詳細はこちら

9位 ベビーテック、こどもを見守るIoTソリューションと取り組み

近年、待機児童や保育士に対する処遇改善が取り上げられている。
→詳細はこちら

10位 創業100年のヤマシナ、産業機械の可視化で現場の改善を実現

株式会社ヤマシナは、京都山科に拠点を持つ、1917年創業のねじ・ボルト・金属部品の専門メーカーだ。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

IIoTとは、その基本を解説

ソフトバンク、コロンビア共和国におけるコメ栽培の生産性向上への取り組みに農業AIブレーン「e-kakashi」を納入開始

Next