IoT人気記事ランキング|ノイズキャンセリングの仕組みだけではないAirPods Proなど[11/25-12/1]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 AirPods Proがすごいのは、ノイズキャンセリングの仕組みだけではなかった

もう進化なんてしないのではないかと思っていた、イヤホン。
→詳細はこちら

2位 血圧測定可能なスマートウォッチが登場、オムロンが「HeartGuide」を発売

日本人の死因で、1位の「がん」に続く2位の「心疾患」(心筋梗塞や心不全など)、3位の「脳血管疾患」(脳梗塞や脳出血など)は、高血圧が起因すると言われている。
→詳細はこちら

3位 建築用3Dプリンターも登場、新技術のメリットを享受できない日本

最近、3Dプリンターが様々な用途で使われ出している。
→詳細はこちら

4位 活用されだしたRFID、そのコストや課題とは

ユニクロは、商品タグにRFIDをいれ、製造から在庫、出荷、販売にいたるすべてのプロセスで商品をトレースし、効率化を実現している。
→詳細はこちら

5位 5Gを見据え、国内キャリアがGAFAに急接近、何が起きるのか

ここ数日、キャリアのGAFAとの連携が進んでいる。まず、NTTドコモは、11/26にAmazonと提携した。
→詳細はこちら

6位 TESLAはなにがすごいのか、見えてきたその野望

2016年9月のパリのモーターショーで、メルセデス・ベンツは「CASE」と名付けた中長期戦略を発表した。
→詳細はこちら

7位 スマートスピーカー市場44.9%成長でもGoogleは4位に、なぜ?

シンガポールの調査会社Canalysによると、2019年第三四半期のスマートスピーカーの市場は、44.9%成長で286億ユニットに達したということだ。そして、この成長を下支えしているのが、ディスプレイ付きのスマートスピーカーだ。
→詳細はこちら

8位 スゴイ電池で、当たり前の壁を乗り越える

電池の発展は素材など、電池そのものの進化によるところが多い。リチウムイオン電池のような充電できるタイプに代表されるように、形や充電性能、劣化など、電池そのものの性能によるのが一般的だ。
→詳細はこちら

9位 家中まるごとスマートホームで、電気代を下げる

スマートフォンの契約数は日本の人口を超え、端末は一人一台以上は持っている時代となった。次に続くデバイスとしてウェアラブルやスマートスピーカーなど、様々な新たな商品が生まれている。
→詳細はこちら

10位 準天頂衛星「みちびき」で、ドローン配送や樹木の高さを測定する

2018年11月1日にサービスを開始した準天頂衛星システム「みちびき」は、4機体制で、準天頂軌道を周回する3機の衛星群と、赤道上空の静止軌道に配置する1機の静止衛星から構成されていて、どこにいても正確な位置情報を得られる。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

PoC(Proof of Concept)は「概念実証」、「技術検証」にあらず

テックファームの「MoL」と「VANTIQ」が連携、街をリアルタイムに結ぶ「スマートシティ」サービスを提供

Next