IoT人気記事ランキング|新しいウェアラブルデバイスの形が続々と登場など[12/2-12/8]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 新しいウェアラブルデバイスの形が続々と登場

ウェアラブルデバイスと聞くと、スマートウォッチやスマートグラスを想像する方が多いのではないだろうか。
→詳細はこちら

2位 スマート漁業とは、その事例

農林水産省の統計によると、世界の漁業生産量がこの30年間で約2倍になる一方で、日本の漁業生産量は約1/2になっている。
→詳細はこちら

3位 JR東がリリースした、山手線で筋トレするアプリが面白い

JR東日本は、電車の中でトレーニングするアプリ、「‘TRAIN’ing(トレイニング)」を企画・開発した。
→詳細はこちら

4位 最近よく聞く「SDGs」とは、企業が取り組むメリットと留意点

SDGs(えす・でぃー・じーず)は、「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語である。近年、積極的にこの取り組みを行っている企業が増えたが、取り組むにあたってどのようなメリットがあるのだろうか。
→詳細はこちら

5位 JALの未来の空港への取り組み

日本航空JALは、様々な企業と提携を行い、テクノロジーを活用することでサービスの向上や従業員の作業負担軽減や効率化を図ろうとしている。
→詳細はこちら

6位 SDGs、最初に何をすべきか、SDGsウォッシュとは

最近よく聞く「SDGs」とは、企業が取り組むメリットと留意点の記事内でSDGsへ取り組むにあたって、メリットと留意点についてとりあげた。今回は、実際にSDGsへ取り組み始めた、もしくは取り組み内容を具体的に考えているという企業、および担当者へ向けての内容となる。もちろん、これから取り組み予定でもぜひ読んでいただきたい。
→詳細はこちら

7位 2019年11月版:産業別AIニュース一覧とカオスマップ

最近、AIの事業活用に対するニュースが多い。様々な技術目線のカオスマップが存在するが、事業目線で見た時に、使えるAIにどういうものがあるのか、誰が提供しているのかについて書かれているものが少ない。
→詳細はこちら

8位 PoC(Proof of Concept)は「概念実証」、「技術検証」にあらず

IoTがバズワードとなっていた2015年から2018年にかけて、PoC(proof of concept)というキーワードがもてはやされた。
→詳細はこちら

9位 どんどん賢くなる、最新デジタルサイネージでできること

電車やタクシー、商業施設など様々な場所で映像を流す画面を目にすることが増えてきた。
→詳細はこちら

10位 食品、組み立て、化学、業界別に見る、工場のIoT

製造業に関するIoTについて調べると、スマートファクトリーやスマート工場という単語をよく目にする。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

NTT Comが400Gbps伝送基盤を東京~大阪間で構築、2000年比約170倍の伝送容量を実現

小田急電鉄、1つのIDでシェアリングエコノミー等のサービスが利用できるプラットフォーム「ONE」を運用開始

Next