IoT人気記事ランキング|大人も楽しめるIoTおもちゃ3選など[12/16-12/22]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 ザクも動かせる、プログラミングを楽しみながら学びたい、大人も楽しめるおもちゃ3選

以前IoTNEWS内では、IoTおもちゃ、STEM教育に関する内容を取り上げた。
→詳細はこちら

2位 家ナカ家電を一括管理する、最新「スマートリモコン」

スマートリモコンとは、家電とスマートフォンやスマートスピーカーをつなぐ中継地点のような役割を担うもので、家電のリモコンをスマートリモコンに登録することで、スマートフォンやスマートスピーカーから操作できるものだ。
→詳細はこちら

3位 もう大声は不要、スマートスピーカーの新たな可能性

スマートスピーカーを利用したことがある人なら、一度はスマートスピーカーが声を認識してくれなかった経験があるのではないだろうか。
→詳細はこちら

4位 ストックホルムの電動キックボードで感じた、IoT成功に大事なこと

日本でも普段の生活でIoTを実感することが多くなってきたが、それをビジネスとして成功させるにはツールを揃えるだけでは難しい。環境を整えることも重要だ。
→詳細はこちら

5位 街の課題を解決する「スマートシティ官民連携プラットフォーム」とは

内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省は、令和元年6月21日に閣議決定された「統合イノベーション戦略2019」等において、スマートシティ官民連携プラットフォームの構築を行うことを明記している。
→詳細はこちら

6位 ソフトバンク、独居高齢者の生活を守る「みまもりサービス」を提供開始 「MaBeeeみまもり電池」の活用も

2019年12月10日、ソフトバンクは高齢者の安否を遠隔から確認できる「みまもりサービス」を12月19日より提供開始することを発表した。会見ではソフトバンクよりサービスの概要説明があった後、サービス内で利用されているコネクティッドバッテリーの紹介もあった。
→詳細はこちら

7位 建設とテクノロジーの掛け合わせConTechとは

ある産業分野とテクノロジーを組み合わせた取り組みは「○○Tech」と表現されることが多い。よく耳にするものとしては、金融(Finance)とテクノロジーをかけ合わせた「FinTech」があるが、最近では、第1次産業、第2産業にもテクノロジーをかけ合わせていくという流れがある。
→詳細はこちら

8位 今後必要とされるIT人材とは、デジタル人材育成の現状

経済産業省は、2019年をピークにIT関連産業への入職者は退職者を下回り、IT人材は減少に向かうと予想しており、さらにIT人材の平均年齢は2030年まで上昇の一途をたどり、高齢化が進展することも予想されている。
→詳細はこちら

9位 保育園を取り巻く環境、ソリューションと空間の「空き」ソリューション ー12月度 IoTNEWS事業支援サービス勉強会レポート

IoTNEWS事業支援サービス12月度勉強会は、保育園を取り巻く環境及びソリューションと空間の「空き」ソリューションの2つのテーマについてとりあげた。
→詳細はこちら

10位 続々登場、製造・物流・防犯などの現場で活用される「賢い」カメラの最前線

カメラは単純に写真や動画を撮るといったことだけでなく、人の「目」の役割をするといったことから、カメラを活用して物流現場や防犯といった様々な用途でのサービスが登場している。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

あいおいニッセイ同和損保とトヨタ、コネクテッドカーデータを活用した事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を開発

ドコモ・仙台放送・ソニー、5Gを活用した映像のリアルタイムクラウド編集と中継に関する実証試験に成功

Next