IoT人気記事ランキング|ウフル八子氏がDX推進の新会社設立など[10/28-11/3]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 「産業構造の変革」目指し、ウフルの八子氏がフィジカル・ヒトまでカバーしてDXを推進する新会社設立 ―八子知礼×小泉耕二【第23回】

IoTNEWS代表の小泉耕二と株式会社ウフルCIO/株式会社アールジーン社外取締役の八子知礼が、IoT・AIに関わるさまざまなテーマについて月1回、公開ディスカッションを行う連載企画。本稿では第23回目をお届けする。
→詳細はこちら

2位 遠距離通信を低消費電力で実現するLPWAとは

昨今、IoTの本格的な普及にともなって、数キロから数十キロにわたって通信をし、遠くのモノやヒトの情報を取得したいというニーズが登場している。
→詳細はこちら

3位 IIoTとは、その基本を解説

様々な産業分野にIoTが普及していく中で、いろんな言い方も登場し出している。
「IIoT」もその一つだ。IIoTの初めのIはIndustrial。つまり、産業分野で使われるIoTのことを指す。
→詳細はこちら

4位 医療分野での3つのIoT事例

最近、熊本県の介護老人保健施設で常勤医師が不在の3ヶ月間で11人の入居者が死亡したニュースが報道された。
→詳細はこちら

5位 デジタルツインとは?

デジタルツインは、2002年にミシガン大学のマイケル・グリーブス教授によって概念が提唱され、ガートナーが発表している2017年、2018年の戦略的テクノロジー・トレンドに挙げられて脚光を浴びた。
→詳細はこちら

6位 未来を体験するFUTURE EXPOエリア ーTOKYO MOTOR SHOW 2019レポート2

10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019の開催レポート第二弾となる。
今回のモーターショーは、OPEN FUTUREのテーマのもと、近未来を感じることのできる展示エリアとして「FUTURE EXPO」が同時開催されている。今回は、この展示についてとりあげる。同展示内では東京オリンピック・パラリンピックで活用される技術の展示など、90以上のコンテンツが展示されており、展示会会場自体も国際展示場から飛び出し、MEGA WEB内で開催している。「FUTURE EXPO」については、入場無料のため様々な技術を身近に感じることのできる場となっている。
→詳細はこちら

7位 静岡の水田でセンサーと自動給水弁による遠隔の水位管理が実現

米作りの課題の1つに、水の管理がある。
農家では「災害暦」と呼ばれる表を作成し、季節ごとに水位の管理を行っている。しかし大規模経営体の農家では、1日2回も全ての農地を実際に回って管理することは大変な手間である。
→詳細はこちら

8位 デジタルツインで実現する快適シートへの取り組み ーTOKYO MOTOR SHOW 2019レポート3

10月23日から開催された第46回東京モーターショー2019の開催レポート第三弾となる。
今回のモーターショーは、OPEN FUTUREのテーマのもと、近未来を感じることのできる展示エリアとして「FUTURE EXPO」も同時開催されている。そんな今回は、自動車設計を行うにあたって、デジタルツインを活用したシート設計を行う日本発条株式会社のバーチャル開発についてとりあげたい。
→詳細はこちら

9位 最新の通信機器を知る ーJapan IT Week 2019 秋 レポート 1

2019年10月23日~25日まで幕張メッセにてJAPAN IT WEEK秋が開催された。
→詳細はこちら

10位 最新のエッジAIデバイス  ーJapan IT Week 2019 秋 レポート 3

今回は、市場が活発になってきているエッジAIに関する展示を中心にお届けする。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから