TOTOの公共トイレの見える化 ーCES2019レポート12

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第12弾はTOTOだ。

TOTOは、ご存知の通りトイレのメーカーだが、空港など様々な施設に設置されているトイレは点在していて、トイレットペーパーや石鹸などの消耗品の交換や、掃除を行う担当者は、決まった時間にどんどん掃除をこなしていく必要がある。

CES2019 TOTO

CES2019 TOTO

清掃時間が短いということもあって、清掃が行き届いていなかったり、交換する必要のない消耗品を新しく変えてしまったりするケースも多く、無駄も発生しているのだという。

そこで、TOTOはトイレ周りの状況を見える化して、清掃業務を効率化するソリューションを展示していた。

CES2019 TOTO
トイレの機器の状態を、施設全体で可視化している。

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    NEC通信システム、製造現場の資材位置を管理する「マーカー測位技術」開発

    YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示 ーCES2019レポート13

    Next