ヤマト、BELLとの空輸ドローンを展示 ーCES2019レポート18

ラスベガスでおこなわれていた CES2019レポートの第18弾は、昨年話題になったヤマトとBELLの提携からだ。

巨大なドローンが展示されていたBELLのブースだが、その横に、ペイロード(有効積載量)を35kgに向上させた、空輸ドローンの展示がされていた。

このドローン、羽根の部分と荷物を乗せる部分に分かれていて、荷物を乗せる部分(中央のカプセルのようなもの)は、陸で取り外しができる。

CES2019 BELL

ドローンが空を安全に飛ぶところについてはBELLが担当しているが、荷物を乗せる部分の陸での輸送システムに関してはヤマト担当しているのだという。

編隊を組んで、複数のドローンで空輸し、拠点からは陸送するという考え方で輸送をするということだ。

CES2019 BELL

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    NVIDIA、VOLVOの量産車にレベル2+のコンピュータ ーCES2019レポート17

    SUPERSENSING、センシングを可視化 ーCES2019レポート19

    Next