オムロンの新型ヘルスケアバンド ーCES2019レポート22

ラスベガスで開催されていたCES2019レポートの第22弾は、オムロンだ。

20弾で紹介した卓球ロボットは、製造業の技術だが、こちらはヘルスケアの展示となる。

このウェアラブルデバイスは、かなり正確に血圧や心拍、睡眠時間などを測定することができる。

CES2019 オムロン

利用の方法は、腕にこのデバイスをつけ、下の写真のように手を胸に当てるだけだ。

CES2019 オムロン

数秒すると測定結果が表示され、スマートフォンと連携することで、測定結果が可視化されるだけでなく、分析結果と改善のためのポイントがメッセージとして表示される。

CES2019 オムロン
測定結果を可視化
CES2019 オムロン
Today’s Insightが表示される

他のヘルスケア計測機器とのデータの統合もクラウド上で可能になっているということだ。

■CES2019レポート

  • トヨタの実用的な自動運転技術「Toyota Guardian™」
  • LGキーノート「テクノロジーは生活をより良くしたか?」
  • IBMキーノート「次のAIとは。よりよい社会に向けて」
  • ベライゾンキーノート「すべてを変える5G」
  • 「VIAROOM Home」の展示に見る、スマートホームの「インテリジェント化」
  • つながるだけじゃない、生活空間のハブになるWhirlpoolのIoTオーブン
  • 自動運転の社会をみすえ、モビリティ各社が考えていること
  • HONDAは独自の「ロボティクス」技術を発信、開発パートナーを募る
  • Qualcommブースで見えた5Gデバイスの裏側とC-V2Xの今
  • IoTフル活用のボッシュが、モビリティの未来を見せる
  • Shiftallの初出展は、「DrinkShift」
  • TOTOの公共トイレの見える化
  • YAMAHAは、ドローンや新しい乗りものを展示
  • BOSCHのインテリジェント棚
  • 新設のスポーツテックエリアはエンタテイメント
  • SAMSUNG、LGのスマートホーム
  • Previous

    アイシンのパーソナルモビリティは安全性を徹底的に追及 ーCES2019レポート21

    ソラコムのテクノロジーカンファレンス、「if-up 2019」開催

    Next