IoT人気記事ランキング|産業用ロボット・AGVの自律化を促すエッジAIソリューションなど[5/25-5/31]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 産業用ロボット・AGVの自律化を促すエッジAIソリューション―アドバンテック・組込みデザイン・イン・フォーラム 2020レポート

2020年5月21日、アドバンテックはオンラインイベント「アドバンテック・組込みデザイン・イン・フォーラム 2020」の第1回を開催した。第1回は、産業用ロボティクスとAGV(無人搬送車)について、アドバンテックの組込みソリューションや、エッジAIソリューションがどのように活用されているのか、というテーマが話された。登壇したのは、アドバンテック エンベデッドIoTグループ 神内栄邦氏と矢島健一郎氏である。
→詳細はこちら

2位 三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

現在、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けてさまざまな分野でIoTシステムの活用が進んでおり、その市場規模は2022年には100兆円を越えると予測されている。三菱電機株式会社は、付加価値の高い新たな製品やサービスの創出を目的とした統合IoT「ClariSense」を構築し、三菱電機および三菱電機グループ内に展開することを発表した。
→詳細はこちら

3位 マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

IoT技術の進展により、製造業においても工場内のセンシングが進みスマート化に取り組む企業がある一方で、先端技術の活用が進んでいる企業はまだ限定的だ。企業の先端技術の活用を阻害している要因として、導入における費用対効果や実際に工場現場で効果的に使えるか等の懸念から、導入を躊躇することが挙げられる。
→詳細はこちら

4位 [製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

FAプロダクツは2020年5月28日にオンラインセミナー「DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例」を開催する。今回のセミナーでは、FAプロダクツ 代表取締役社長 貴田義和氏が登壇し、製造業でも注目を集め始めたDXの姿を、デジタルツインを実現した工場を中心にわかりやすく説明する。昨今の新型コロナウイルス流行による感染防止の観点から、今回のセミナーはオンラインのライブ配信で開催する。
→詳細はこちら

5位 住友商事とNEC、5Gアンテナ搭載スマートポールの試行設置において東京都と連携

東京都は、2019年8月に策定した「TOKYO Data Highway基本戦略」において、東京都に超高速モバイルインターネット網を構築することを掲げている。 その一環として、重点整備地域である西新宿エリアにおいてスマートポールの早期設置の実現を目指している。スマートポールとは、通信基地局やWi-Fi、街路灯やサイネージなどを搭載した多機能ポールであり、新しい地域サービス提供に資するインフラとして活用が期待されている。
→詳細はこちら

6位 村田製作所、RFIDミドルウェア「id-Bridge」を活用した医療材料の物流管理業務向けトライアルサービスを開始

医療機器業界では、流通経路や取引形態の複雑化から、医療機器メーカー各社での物流管理業務や市場在庫の把握が喫緊の課題となっている。特に、高度管理医療機器に分類される整形インプラント製品や血管カテーテル・ステントなどの循環器製品をはじめとする医療材料は、医療機関への流通過程において製品の出荷・返却にともなう検品作業や棚卸業務に多大な時間とコストが発生している。
→詳細はこちら

7位 2050年の危機と日本の未来とSociety5.0

2050年の危機と日本の未来とSociety5.0というテーマについて10分で解説。Society5.0のテーマを単なる「変化」ととらえると、本質を見失う。2050年に起きる社会変化を知ったうえで、その内容を紐解くことで、何が必須なのかがわかるはずだ。
→詳細はこちら

8位 ドコモ、最短1時間前の人口分布を把握できるサービス「モバイル空間統計 人口マップ」を無償提供

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)および株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(以下、DIM)は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に向けて、最短1時間前までの日本全国の人口分布を把握できる「モバイル空間統計 人口マップ」を2020年5月27日から2021年3月31日まで無償提供する。
→詳細はこちら

9位 OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

厚生労働省が発表した「平成30年度労働災害発生状況」によれば、建設・製造・運輸業は他業種と比較して重大事故が多く、作業現場の安全性向上が継続的に大きな課題となっている。特に建設業においては、墜落・転落事故、建設機械やクレーンとの接触事故、および倒壊・崩壊事故が全体の約70%を占めており、これらの予防対策が強く求められている。
→詳細はこちら

10位 NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

現在、新型コロナウイルス感染拡大による入院患者との面会制限によって、患者は家族や友人と直接会うことが困難な状況にある。また、医療現場においては、患者との接触回数を軽減しながら、健康状態のモニタリングや医療の提供を行う必要があり、ICTやIoTを活用した遠隔技術の導入が求められている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

KDDIとGMOクラウド、メーター点検業務をAIで効率化する「KDDI IoTクラウド Standard 検針オプション」を提供開始

ウイングアーク1st、3Dマップで空間を可視化するBIダッシュボード「MotionBoard Ver.6.1」を発売

Next