IoT人気記事ランキング|サッカーの可能性をひろげるAI技術 白石尚久氏インタビューなど[5/6-5/12]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 「AI技術はサッカーの可能性をひろげてくれる」 ―白石尚久氏インタビュー

サッカーに人工知能などの最先端のテクノロジーを取り入れ、革新をもたらそうとしている日本人がいる。SBVエクセルシオール(オランダ1部リーグ)、アシスタントコーチ/テクノロジーストラテジストの白石尚久氏である。
→詳細はこちら

2位 「2025年の崖」に向け、日本企業にはいま何が必要か ―鍋野敬一郎×八子知礼×小泉耕二【第17回】

本年3月に公開した「2025年の崖」に関する下記の解説記事は大変な反響があった。
→詳細はこちら

3位 ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNE事業とIoT向け通信サービスを展開する会社を設立

昨今、従来のスマートフォン向けを中心としたMVNEサービスに加えて、IoT向け通信サービスのニーズが高まっている。
→詳細はこちら

4位 パナソニックとトヨタ、街づくり事業に関する合弁会社の設立に合意

家電や住宅設備などの急速なIoT化や、モビリティにおけるCASE(※1)、車・公共交通などの移動手段をITでつなぎ、サービスとして提供する「MaaS」(※2)などの進展により、今後街づくり事業の急速な変化が進むと考えられている。
→詳細はこちら

5位 西菱電機、産業用IoTゲートウェイを販売開始

西菱電機株式会社の「Seiryo Business Platform(以下、SBP)」では、業務効率化や生産性向上のためのサービスを提供している。
→詳細はこちら

6位 Amazonの新機能「ARビュー」、商品の原寸大3D画像で配置した部屋のイメージを確認可能に

Amazonは、AR技術を用いてスマートフォン画面に商品を映し出す新機能「ARビュー」の提供を開始した。
→詳細はこちら

7位 KDDI、LPWA環境に最適化した「KDDI IoTクラウド Standard」LOGGERコースをエコモットと共同開発

KDDI株式会社は、LPWA環境に最適化したIoTクラウドを提供するため、エコモット株式会社との共同開発により、「KDDI IoTクラウド Standard」にLOGGERコース(LPWA)を2019年8月上旬に追加すると発表した。
→詳細はこちら

8位 NEC、インドのグルグラムで交通監視システム等のスマートシティプロジェクトを受注

日本電気株式会社(以下、NEC)のインド現地法人であるNEC Technologies India Private Limitedは、2018年12月に同国のフブリ・ダールワッド市のスマートシティプロジェクトを受注し、インドのスマートシティ化に取り組んでいる。
→詳細はこちら

9位 マイクロソフト、AIや複合現実などクラウドからエッジまでをカバーするAzureの最新機能を発表

マイクロソフトは本日、AIやMixed Reality(複合現実)、IoT、ブロックチェーンといった機能を技術者に提供する新しいAzureのサービスと開発者向け技術を発表した。
→詳細はこちら

10位 NECと川崎市、AI・プラットフォームを活用した廃棄物収集運搬・処理業務の実用化に向けて調査

近年、脱炭素化という環境課題に加え、少子高齢化が進み、廃棄物の収集運搬を行うドライバーなどの人材が不足し、業務効率化による働き方改革の推進が社会的な課題となっている。また、人口減少などによる廃棄物量の減少によって事業環境が厳しくなる中、廃棄物を適正に処理する社会インフラとしての健全な事業経営の継続といった経済課題の解決も求められている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

次世代ナビゲーションシステムを実現する マクセルの小型「ARヘッドアップディスプレイ」 ー マクセル 光エレクトロニクス事業本部 平田氏インタビュー

富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案する実証実験を開始

Next